読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

もじゃもじゃペーター

もじゃもじゃペーター

もじゃもじゃペーター

作家
H.ホフマン
飯野和好
生野幸吉
出版社
復刊ドットコム
発売日
2014-02-25
ISBN
9784835450339
amazonで購入する

もじゃもじゃペーター / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

めしいらず@冬眠中

教育絵本。子どもにありがちな様々な悪癖。親に叱られても知らん顔していた彼らの末路を描く。お話自体はどうと言うこともない。でも悪い癖を正すのは早い方がいいのは確かだろう。

2020/06/09

ふじ

はるばる取り寄せて読みました。怖い絵本?愛すべきやんちゃ坊主達があっさり残忍な結末を迎えるオムニバス。精神科医が自分の子どもを楽しませるために自作したって言うから面白い。確かに、出だしはありそうな話なのにあっという間にドッキリ展開だから見入ってしまうよね。

2018/07/22

おはなし会 芽ぶっく 

『ぼうぼうあたま』『紙芝居もじゃもじゃペータ』と読み比べ。ぼうぼうあたまと比べると分かりやすい章のタイトル、おはなしになっている。 もじゃもじゃペーター/いじわるなフリードリヒのはなし/とてもかなしいマッチのはなし/まっくろい男の子のはなし/きらわれもののかりうどのはなし/おやゆびしゃぶりのはなし/スープぎらいのカスパルのはなし/ばたばたフィリップのはなし/おおぞらのぞきのハンスのはなし/空とぶローベルトのはなし

2020/02/02

gtn

登場人物は皆、愚行権を行使している。だから不幸な結末も自己責任である。

2019/10/25

太郎

子供達怖いと言いながら全部読みました。おやゆびしゃぶりの話をテレビで見て気になったので。

2015/11/11

感想・レビューをもっと見る