読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

だれも知らないアンパンマン -やなせたかし初期作品集

だれも知らないアンパンマン -やなせたかし初期作品集

だれも知らないアンパンマン -やなせたかし初期作品集

作家
やなせたかし
出版社
復刊ドットコム
発売日
2016-10-18
ISBN
9784835454047
amazonで購入する

「だれも知らないアンパンマン -やなせたかし初期作品集」の関連記事

「アンパンマン」超初期作品集発売決定に興奮の声続々!「ずっと欲しかった!」

『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』(やなせたかし/発行:フレーベル館、発売:復刊ドットコム)

 誰もが子供のころ、TVアニメや絵本などで一度は夢中になった“やなせたかし”原作の「アンパンマン」。正義の味方で町のみんなを優しく勇敢に守るというほのぼのとしたイメージが強いのだが、誕生した初期のアンパンマンは少し違う。そんなあまり知られていない初期のアンパンマンのエピソードを収めた『だれも知らないアンパンマン やなせたかし初期作品集』が2016年10月中旬に発売される。これには「なんでもっと早く出さなかったの!? めちゃくちゃ面白そう!」「なんですと!? 絶対買いでしょ!」と大反響が上がっている。  同作は1976年から1982年にかけて、『月刊いちごえほん』にて連載された『あんぱんまん』および『アンパンマン』の全71話を再編集し単行本化したもの。幻のエピソード「トースター島のなぞ」も収録されており、知る人ぞ知る“超初期”のアンパンマンの姿を見ることができる。あまり知られていないが、主要キャラクターの多くが『月刊いちごえほん』版の『ア…

2016/9/10

全文を読む

関連記事をもっと見る

だれも知らないアンパンマン -やなせたかし初期作品集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

寺になりたい蛸(チュー)

昨日、谷川俊太郎の詩の絵本を読んで、私には詩の良さがわからないと痛感したが、そう言えばやなせたかしの詩は好きだったと思い出す。やなせさんが亡くなって3年が過ぎた。何か淋しい。この本は昭和50年代に『いちごえほん』という雑誌に連載されたアンパンマンの漫画。復刊ドットコムの本。やなせたかし不在が淋しい人が多いのだろう。幼年漫画であるが面白かった。ゴテゴテしていたり、ゆるゆる狙いの今の漫画は時に疲れる。「困った人を助ける」という、アンパンマン達の親切の延長上の正義が気持ち良い。アンパンマンもまた土佐の偉骨相か。

2017/01/26

ちぃ

初期作品がサンリオの「月刊いちごえほん」で、最初は平仮名「あんぱんまん」な事にびっくり。

2017/11/01

ヒラP@ehon.gohon

誰もが知ってるアンパンマンですが、素朴なところからスタートしたのですね。自己犠牲と正義感。分かりやすくてモヤモヤしないところが良いと思います。

2017/10/19

スペサタイト

アニメと性格の違うキャラクターが沢山でしたが、アンパンマンは同じだった。この頃から、バタコさんとおむすびマンがカップリングされてて、面白かった。

2016/11/27

猪子

マンガになってるアンパンマンは初読み。最初ははだかで外に飛び出したり、ジャムおじさんのことをパパって呼んだり子供っぽいけど、段々と品行方正ないつものアンパンマン然としてきた。カレーパンマン出生の秘密や、お転婆だけどモテモテのバタコさん、ディズニーのプルートっぽいチーズ、ばいきんまんを使役するばいきんまんなど、あなたの知らないアンパンマンがここに!

2017/06/06

感想・レビューをもっと見る