読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小さなピスケのはじめての旅

小さなピスケのはじめての旅

小さなピスケのはじめての旅

作家
二木真希子
出版社
復刊ドットコム
発売日
2018-03-16
ISBN
9784835455747
amazonで購入する

ジャンル

小さなピスケのはじめての旅 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

免疫力爆上げした ♪みどりpiyopiyo♪

「お父さんも、お母さんも、そのまたお父さんもお母さんも、ピスケの年になったら、一人で旅をして、自分で、住むところを決めたんだ」 ■可愛らしい冒険のお話を読みました。ふさふさなしっぽと ふさふさなたてがみが素敵な とっても小さなピスケが、はじめての旅に出ます。■お父さんお母さんのお家、可愛いなぁ♡ 見上げる草むらや、丘の上から臨む開けた草原、流れる雲や、時間の流れなどの自然の描写が生き生きとして。■自分だけの心地よい場所が見つかって、ピスケ 良かったね (ღ′◡‵) (1993年。2018年 改訂版)(→続

2018/11/28

ふじ

ジブリのアニメーターであり、守り人シリーズの挿絵を手掛ける方の絵本が復刊ドットコムで。良い世界観を存分に堪能しました。まさに「絵」本。家を出て新たに生きる場所を見つけるまでの物語。シリーズ1冊目。

2018/12/22

ここからピスケは始まったのか、と感慨深い思いで読んでしまったのは、2作目を先に読んだからだろう。ピスケが自分の生きる場所を見つけるまでの冒険が描かれているのだが、読んでいると、ピスケの生き方が好きになる。この物語にこめられた愛情に惚れ込んでいく。孤独な人にこそ物語はよく効く、とわたしは思う。物語は、人生に変化をくれるものではないかもしれない。でも、確実に、そっと、人生に寄り添うのだ。心に寄り添い、心を豊かにしてくれる。この物語はそんな愛情に溢れている。

2020/05/08

風里

復刊するのがわかる、素敵な絵本。 絵本なだけでなく、小学生向けの図書にしてもいいと思う。 冒険の果て、自分にとって大切なものは何かに気付けば、地に足つけて丁寧に暮らせるのだ。

2019/01/19

マツユキ

表紙に惹かれて、借りた絵本。 自分で、住む場所を決めるため、旅に出たビスケ…。 初めての経験に、失敗したり、危ない目にあっても、やっぱり美しい世界。ピスケの住む場所は…。素敵。

2021/05/01

感想・レビューをもっと見る