読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青いヌプキナの沼

青いヌプキナの沼

青いヌプキナの沼

作家
かこさとし
出版社
復刊ドットコム
発売日
2020-02-15
ISBN
9784835457260
amazonで購入する

ジャンル

青いヌプキナの沼 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とよぽん

アイヌの兄妹の物語。アイヌ民族の誇りと文化が、和人によって踏みにじられた悔しさ・・・。ヌプキナはすずらん。地震と噴火によってヌプキナの山ができ、ヌプキナの湖が消えて沼ができた。かこ さとし さんの『あとがき』に、「ヌプキナは涙のつらなりのように思えた」、「汚れた栄光で見失ってはならないものを、この国の子どもたちに知ってほしい」という強い思いが記されている。

2020/03/15

みつばちい

アイヌの兄妹の話。病気の妹とために狩に出て誤ってお偉方に撃たれそのまま放置された兄。その姿を見つけ悲しんだ妹は兄のために復讐をする、、 かこさとしさんの思いが伝わるいい本でした。復刊ありがたい。

2020/03/12

おはなし会 芽ぶっく 

アイヌに伝わる民話絵本。1980年発刊の絵本を復刊。復刊ドットコムさん、かこさとしさんありがとうございます。ヌプキナは、アイヌの言葉ですずらんのこと。この絵本はアイヌ文化よりも迫害された歴史を取り上げている、子どもたちに分かりやすい貴重な絵本です。

2020/06/11

ツキノ

(E-81)1980年発行の新装復刊。「子どもたちに、この国で起こってきた歴史をちゃんと伝えるために」作られた絵本。かこさんのおもいが伝わる。ヌプキナはアイヌ語で「すずらん」という意味。ヌプキナの湖が消え、沼になった伝説からアイヌの人々の迫害を描く。両親を殺され、ひっそりと暮らす兄妹ふたりに起きたさらなる悲劇。病身の妹のために獲物のオジカを背負うタキシを誤って撃った殿様。そのまま放置する。春になり兄が戻ってこなかったわけをしった妹チリの復讐。

2020/03/26

おはなし会 芽ぶっく 

5か月ぶりの例会。【テーマ アイヌの本の持ち寄り】旭川の某高校の郷土部(アイヌ文化)が毎年発刊する「上川アイヌ研究」の紹介もありました(我が子が通う高校なんです)。全員がマスク着用・消毒・密にならないように心がけての例会でしたがとても盛り上がりました。感染予防に注意を払い、毎月行いたいです。

2020/06/23

感想・レビューをもっと見る