読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本一の魚屋「根津松本」に選ばれたこの世でいちばん旨い魚

日本一の魚屋「根津松本」に選ばれたこの世でいちばん旨い魚

日本一の魚屋「根津松本」に選ばれたこの世でいちばん旨い魚

作家
早川光
松本秀樹
出版社
ぴあ
発売日
2015-02-27
ISBN
9784835628172
amazonで購入する

日本一の魚屋「根津松本」に選ばれたこの世でいちばん旨い魚 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

usanosuke

この本は東京都文京区根津で、高級鮮魚店「根津松本」を営んでいる松本氏が厳選した旨い魚を季節ごとにまとめたものである。取り上げた魚は全部で40種類。松本氏は、旬な時期や産地、さらにはどのような漁法で獲られたかにも独自のこだわりを持つ。また、見極めのポイントも分かりやすく解説されている。色や大きさだけでなく、背や腹側の厚みであったり、押したときの弾力性であったり、時にはその魚の顔つきであったりする。素人では見極められそうにないが、松本氏が自分の目と舌で探し出したものだけに説得力がある。(続く)⇒

2015/06/27

ココアにんにく

大好きな番組『早川光の最高に旨い寿司』の特別編を観てはじめて知った根津松本。自らの目と舌で見つけ出した魚の数々。今回はこの2人が本で…となるとうれしくてたまらない!1日数項目ずつじっくり時間をかけて読んだ。魚の住む環境から、選び方、調理方などが書かれている。自分が魚なら根津松本にもらわれたい。行きたいと思った千葉の竹岡。本書で初めて知った地名。絶品の魚ならどれも刺身と思いがちだが奥が深い。ウニのカルボナーラなど想像しただけで…。最後の調理の基本は丁寧に書かれているので分かりやすく勉強になります。

2015/12/27

感想・レビューをもっと見る