読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

堀江貴文VS.鮨職人 鮨屋に修業は必要か?

堀江貴文VS.鮨職人 鮨屋に修業は必要か?

堀江貴文VS.鮨職人 鮨屋に修業は必要か?

作家
堀江貴文
出版社
ぴあ
発売日
2018-12-14
ISBN
9784835639024
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

気鋭の鮨職人たちは努力家であると共に、恐るべき戦略家だった―。2015年の「鮨屋に修業は不要」発言で、大きなハレーションを起こした堀江氏が、注目の鮨職人8人と対談。果たして鮨職人たちの答えは? 今までのグルメ本ではまったく明らかにならなかった、鮨屋の秘密が続々と明かされていきます。著者自身が「どの対談も本当に面白かった! 」と繰り返し語るほどで、鮨好きや鮨職人になりたい人が必読なのはもちろん、なにひとつ関係ない人でも楽しめること確実です。


登場鮨店&鮨職人
くろ崎(渋谷)
黒崎一希氏

照寿司(北九州)
渡邉貴義氏

鮨 一幸(札幌)
工藤順也氏

はっこく(銀座)
佐藤博之氏

鮨りんだ(目黒)
河野勇太氏

鮓職人 秦野よしき(麻布十番)
秦野芳樹氏

鮨 あらい(銀座)
新井祐一氏

鮨 青木(銀座)
青木利勝氏

堀江貴文VS.鮨職人 鮨屋に修業は必要か? / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あきか

超炎上し、堀江さんの著書でも度々言及されているツイートが元ネタの本著。異色の鮨職人さん7名と堀江さんとの対談形式なのですが、鮨界も職人界も全く知らないわたしでも凄く楽しめた!面白くて一気読み。こんな世界があるんだ、ということが純粋に楽しいし、自分に置き換えわたしもこういうことを挑戦しよう!と思えた。とにかく無性に美味しい鮨が食べたくなるのは間違いないです。笑 それぞれに考えや目指す方向性が違って、だからこそそれぞれリスペクトし合えたり強みを活かして人気店になれるんだろうな。修行云々はあまり書いてないです。

2019/01/11

だいすけ

精神が肉体を超えていない。この健全な事実を知れば、鮨職人も食べに行く人もまた一気に増加するはず。ブログに感想を書きました。

2019/02/27

はるわか

単価を上げることで客層はよくなり、仕事がしやすくなった。/海外のお客様はワクワクが伝わってきてすごく好きなんです。/結局、素材だったんです。

2019/03/13

いまぷ@神戸元町コネクトロン

フーディーなる言葉を初めて知った。なんというか、お金があることは豊かなことなのだろうけど、ホリエモンの豊かさは誰を幸せにしてるんだろうか、と思ってしまった私を許してください。修行はいらない、というより、手にした技術に見合ったお客をこさせるような商売上手の本。

2019/02/21

nagoyan

優。まぁ、優。

2019/01/07

感想・レビューをもっと見る