読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東大生の本の「使い方」 (単行本)

東大生の本の「使い方」 (単行本)

東大生の本の「使い方」 (単行本)

作家
重松 理恵
養老孟司
上田 正仁
藤原和博
山口真由
伊沢拓司
水上 颯
出版社
三笠書房
発売日
2018-12-07
ISBN
9784837927594
amazonで購入する Kindle版を購入する

東大生の本の「使い方」 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

読了した最初の感想は、「ますます本が読みたくなった!」ということ。この本は、東大生しか利用しない書店勤務の著者が見てきた、東大生を東大生たらしめる本の読み方、一般ではなく東大生に売れている本ランキング(主観ではなくデータ)、東大出身著名人が人生でどんな本とどう関わってきたか?が書かれています。書店ランキングではあまり目にしない本も紹介されており、読んでみたい本に出会えること必至。山口真由さんや上田正仁さんの「読書を役に立たせようと思わなくて良い」という論が印象に残り、嬉しく思いました^^

2019/03/27

あすなろ

興味惹く題名から書店で手にして自己の読書に活かせないかと思い購入した本。本はおやつ感覚でまとめ買い・二番煎じ本より原典に触れる・何故そうなっているのか、どうなっているのかを考えながら読む等。本はおやつ感覚でまとめ買い。分かるなと感じ入る。挙げられている本は読んでみたいと思う本が多くそれも良い。さて、著者は元東大生協の書店員の方。元本屋で働いた経験者としてこういう書店で働きたかったなと。そして、自身が大学院生の時にお世話になり仲が良かった我が母校の生協の書店員の方を懐かしく思い出したのである。

2018/12/24

タナカ電子出版

この本は東大生がどのように本を使ってきたか?まとめられた本です。読書のテーマとして東大生は4つを意識していると言う仮説から①世界を意識して読む②スキルアップ③教養④トレンドの4つで、それぞれに本を20冊ほど紹介してくれています。 また、インタビューも掲載されています。養老先生から現役東大生クイズ王まで、それぞれ読書について語っています。軽く読みやすい本なのでおすすめです。

2019/02/19

assam2005

「本はおやつ感覚でまとめ買い」、本を読むのは日常、あちこちでブックトーク。ああ、なんて素敵な環境。ただし、その内容のちょっと難しすぎるのが難点か。(苦笑)本題とは違う部分に魅力を感じてしまいました。読書離れと言われる昨今、他の大学は違うのかが気になるところ。普段、私の手に取らないジャンルの本の紹介が多く、数点メモしました。精神的に強くなる「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」は読んでみたいかな。ここでも伊沢さんと水上さんが登場。二人の読み方の違いに思わずニヤリ。私は断然水上派です。

2019/01/16

u1

気づいた!僕は「東大生」や「東大卒」という言葉に対して、謎の劣等感を抱いていたのだと!そして、何故かそういうタイトルの本や、そういう人の帯が書いてあるのは避けていたと!しかし、気づいた!純粋に東大生はスゴイのだと。そして、スゴイ人の本は、やっぱりスゴイ楽しいのではないか?と。思えば、好きな著者の学歴も東大卒の人がたくさんいる。もはや、東大卒だからスゴイとか、東大卒じゃなかったらスゴくないとか、そんなフィルターさえ、自分が読みたいという気持ちを疎外するならば、無駄であると。読みたい本がただただ増えて困った。

2021/05/07

感想・レビューをもっと見る