読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (単行本)

読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (単行本)

読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (単行本)

作家
藤井孝一
出版社
三笠書房
発売日
2019-10-04
ISBN
9784837928065
amazonで購入する Kindle版を購入する

読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hk

これは看板に偽りなき良著だ。アウトプットの重要さを的確に伝え、なおかつ付加価値をつける「書き方」もしっかり伝授できている。「付加価値がない本からは付加価値を読み取ることは出来ない。だから付加価値をまずはアウトプットすることが、巡り巡って付加価値を読み取るための第一歩」ってな情念が行間からほとばしる。本題も副題も、もれなく網羅できている訳だ。本文で指摘しているように、題目と内容に乖離がある書籍は幻滅してしまう。そしてそういう手合いが最近とみに増えている。だから本書の如き言行一致書籍の価値が高まっているのだ。

2019/11/28

ゆみちぃ

読書メーターで読書録をつけるのも、アウトプットとして続けていきたいです。本書でさっそくアウトプットしようと思ったのが、「3週間続けること」です。生活習慣を変えたいと思いつつ例外を許してしまっていたので、まずは3週間続けてみます。

2020/03/01

Hiromix

とりあえず、アウトプット。 snsに読んだ感想をUPしていくわ。 あれ?今までと一緒? この上を目指すなら更にこの情報を使いこなさないとやね。

2019/10/24

まこ

本は自分で買って、書き込みをしてもいい。 読んでどう感じたのか、自分なりのメモを作ること。 読書ノートにしたら、検索するとき、しにくい気がしました。 とってもいい。本です。♡

2020/09/09

in medio tutissimus ibis.

読書の目的を設定しておくことで本自体や読む部分の取捨選択が可能となり、その効用が検討でき、目的に際して得たものをより有効に出力可能となる。人生に目的があると思うかどうかがこの本が刺さるかどうかの分かれ目になるだろうが、読書趣味勢でもレビューを書く習慣があるならアウトプット方法論の部分については有用だろう。読書感想文は概要、教訓、実行の三本柱。後半の自己啓発や自分語りっぽい部分は、要らない部分は、まんま著者が読み飛ばすと書いてた内容でそういうの読んで時間を無駄にするなよという具体例なのか素なのか判断に迷う。

2020/02/18

感想・レビューをもっと見る