読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

作家
アダム グラント
楠木建
出版社
三笠書房
発売日
2014-01-10
ISBN
9784837957461
amazonで購入する Kindle版を購入する

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kawai Hideki

人間をテイカー(自分の利益を優先させる人)、マッチャー(損得のバランスを考える人)、ギバー(惜しみなく与える人)の3種類に分類。テイカーやマッチャーより生産性が高いギバー(他者指向的なギバー)と、テイカーに搾取されてしまうギバー(燃え尽きギバー)の存在を明らかにする。さらに、他者指向的なギバーとなるための注意点や、テイカーをギバーに変える仕組みづくりについてヒントを与えてくれる。「五分間の親切」「パイを増やす」「原石を磨く」「アドバイス・シーキング」「百時間ルール」などのキーワードが参考になった。

2015/08/14

WATA

人間の性格を、人に惜しみなく与える「ギバー」・自分の受け取る利益を最優先する「テイカー」・貸しと借りのバランスをとる「マッチャー」の3つに分け、特にそのうちのギバーの成功法則について詳しく解説した本。この本によると、3つの性格のうちビジネスで一番大成功しやすいのはギバーらしい。今の仕事で「自分は優しすぎるのではないか」「周りに合わせすぎて損をしているのではないか」といった悩みを抱えている人に読んで欲しい本。その性格を維持したまま、周りの人と仲良く繁栄していくギバーになるための考え方がたくさん書かれている。

2014/11/08

KAZOO

この本の分野はよくわかりません。人生論なのか、あるいは現代における行動論なのか?ギバー、テイカー、マッチャーというような分類に分けて説明されています。結構実例を多くおさめているのでわかりやすい気がします。ギバーがいいということなのでしょうが、それを食い物にするやからから守る方法も書いてあり参考になります。

2015/06/28

5 よういち

ギブ&テイクからビジネス成功の秘訣を探る◆なかなか斬新な切り口の本。意表をついた分析結果が面白い。◆相互関係では、人は次の3タイプに分類/テイカー、ギバー、マッチャー◆テイカー:与えるより多く受け取ろうとする/ギバー:受けとるより多く与えようとする/マッチャー:バランス型◆成功から遠い位置になのがギバー。一方で、最も成功するのもギバー◆職場以外の親密な関係では、人はギバーとして振舞う。だが職場ではマッチャーになる。◆私たちはギバーになることで成功や豊かな人生が送れるのか?やってみるだけの価値はありそうだ。

2018/09/26

はるぱ

ぶっちゃけビジネスではどうでもいいのだが、佛弟子として「利他行」をどう考えてどのように実践するか、という問題意識が常にあり本書を読んでみた。ビジネス現場の豊富な事例が「これでもか」とばかりに並んでいるので、「信憑性がある」「読みやすい」と言えるが、逆に羅列されているために焦点が読み取りにくく、最終的な学びにならなかった印象。まあ、これは当方の読解力不足かもしれない。佛弟子としての懸案の解決にはまったくつながらない本だったのは、仕方ない。

2020/09/04

感想・レビューをもっと見る