読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

読むだけで気分が上がり望みがかなう10のレッスン (単行本)

読むだけで気分が上がり望みがかなう10のレッスン (単行本)

読むだけで気分が上がり望みがかなう10のレッスン (単行本)

作家
Richard Carlson
リチャード・カールソン
浅見帆帆子
出版社
三笠書房
発売日
2019-06-14
ISBN
9784837957973
amazonで購入する Kindle版を購入する

「読むだけで気分が上がり望みがかなう10のレッスン (単行本)」のおすすめレビュー

幸せになるかどうかは自分しだい! 望みを叶えるためのシンプルな10のレッスンとは?

『読むだけで気分が上がり望みがかなう10のレッスン』(リチャード・カールソン:著、浅見帆帆子:訳/三笠書房)

「最近いいことが全然ない…」と感じ、いつも不機嫌に過ごしている人は意外と多いのではないだろうか。『読むだけで気分が上がり望みがかなう10のレッスン』(三笠書房)の著者リチャード・カールソン氏は、目の前で起きている事柄の内容ではなく、それに反応した自分の感情がすべての原因だという。つまり、気分を上げることが幸せな人生を送るコツだというのだ。いいことがあった日には世界が明るく見えるが、辛いことが起きると世界が真っ暗になったように感じるだろう。多くの人たちは、いかに感情によって日常が支配されているのかに気づいていないという。本書では、心の整え方をベースにした「引き寄せのコツ(10の法則)」が紹介されている。

(1)「気分の波」に飲まれない  誰にも気分が乗らないことや落ち込むことはある。そんなときにはすべてが面白くなく感じるが、実は「感じ方」しだいで現状を変えることができると著者はいう。絶えず変化し続ける気分の波をうまくコントロールすることが重要…

2019/7/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

読むだけで気分が上がり望みがかなう10のレッスン (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

YU-PI

読むだけでも心がスーッと軽くなる気がした。 頭で考える事が気分を左右する。 感情に振り回されるのではなく、自分で感情を選べるようになるぞ!! 16年程前に人生ドン底のような経験した時に、浅見帆帆子さんの本に出会い私はなんとか救われました。 それから、浅見帆帆子さんの本を網羅しています。 こちらの本は訳を担当されています。 海外の翻訳された本は違和感を感じることが多いけど、帆帆子さんの訳はスーッと心に沁みました。 私は気分に振り回されすぎなので、事あるごとに読み返して望む方向へと調整したいと思います。

2019/09/23

Natsumi

今日書店で見つけて、気になって購入してからの一気読みでした(^o^)この手の本が好きです。単純なことだけど、読むことで思い直すことができます。毎日を穏やかに過ごしたいから、いつも自分の考えと感情は「快」の気持ちを心がけたいです。

2019/08/20

chihiro

私たちが人生に求めている、「幸せ」。それを感じるための心得が書かれている本です。 悲しいことがあったり、忙しい毎日の中でついつい忘れてしまいがちなことばかり。 「自分の幸せは、自分の手でつかむ」と心に決めることは、「未来は自分の力で作っていく」ということだ。p.41-42 人の間違いをあげつらうより、「ま、いいか」と鷹揚にかまえることだ。「自分の正しさ」にこだわればこだわるほど、人は離れていく。自己主張はほどほどにして、ときには勝ちをゆずるのも悪くない。p.206

2020/10/11

感想・レビューをもっと見る