読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

志村流―当たり前のことが出来れば、仕事も人生も絶対に成功する (王様文庫)

志村流―当たり前のことが出来れば、仕事も人生も絶対に成功する (王様文庫)

志村流―当たり前のことが出来れば、仕事も人生も絶対に成功する (王様文庫)

作家
志村けん
出版社
三笠書房
発売日
2005-01-28
ISBN
9784837962755
amazonで購入する

「志村流―当たり前のことが出来れば、仕事も人生も絶対に成功する (王様文庫)」のおすすめレビュー

「変なおじさん」の本当の姿とは? 志村けんが、最後まで貫いた仕事と人生の哲学

 3月30日、衝撃的なニュースが国民に走る。志村けんが逝去した――。まさか。日本を代表するコメディアンとの別れは、あまりに唐突だった。

『志村流 当たり前のことが出来れば、仕事も人生も絶対に成功する』(志村けん/三笠書房)は、志村さんが52歳のときに筆を執った一冊。当時の志村さんが考える、人生や仕事に対する哲学を本音でつづっている。その一部をご紹介したい。

志村けんは3人いる

 私たちにとって志村けんとは、テレビ越しに見る「変なおじさん」だった。見るからに面白そうな格好で登場し、絶妙なセリフと仕草で爆笑をかっさらう。お笑いという舞台の上で自由自在にギャグを連発する姿に、誰もが「志村けん」というコメディアンを心に刻んだ。

 しかしそれはあくまでテレビ越しの志村けん。お笑い芸人として躍動する「キャラクター」にすぎない。ということは、それを支える「本物の志村けん」が存在する。

 志村さんは本書で「志村けんは3人いる」とつづる。まずは誰もが知る「変なおじさん」「バカ殿」「ひとみばあさん」の志村けん。誰でも一瞬でイメージできる「ブランド」ともいうべき存在だ。

 もう一…

2020/4/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

志村流―当たり前のことが出来れば、仕事も人生も絶対に成功する (王様文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

真香

急逝に伴い、15年ぶりに重刷。図書館で単行本を借りる予定が、書店で平積みされていた帯の素敵な笑顔に惹かれて購入してしまった。志村さんが、浮き沈みの激しい芸能界で長年第一線で活躍してこられた秘訣を知ることができる。コントのヘンテコキャラからは想像できないほど、素は極めて常識人でストイックで真面目な方。”人生”の章の「一生を一日二十四時間で考えたら」の話は、なるほど!と膝を打ちたくなるような、面白い考え方だった。最後に志村さんへ、たくさん楽しませていただき、本当にありがとうございました。ずっと忘れません。

2020/04/14

Shoji

志村けんさんの仕事、金、遊び、女、酒の飲み方に関する考えが書かれています。内容は自己啓発本のようでもありますし、人生の指針のようでもあります。少なくともギャグが書かれた本ではありません。志村けんさんには三つの顔があって、本名の志村、タレントの志村、バカ殿などキャラクターの志村、三つの志村を語っている章がとても印象に残りました。急逝の知らせは本当にショッキングでした。♪ひがしむらやぁーまー♪と、頭に浮かんできます。合掌。

2020/04/19

アッキ@道央民

自分の経験談を元に書かれた自己啓発本というか、ビジネス本みたいな感じではあるけど、長年に渡って芸能界、お笑いの中で第一線を走り続けてきた志村けんさんの言葉だけに響くものもあるし、興味深く読める。今見ても色褪せる事なく笑える志村けんさんのコント。だけどそれを生み出す過程で物凄く計算しつくされていたのがわかります。人間としての基本は大切に。社会人としての常識も大事に。お笑いに対する情熱や取り組み方はまさしくお笑い職人だなぁと感じる。そんな志村さんだからこそ今でも愛されているんだね。

2022/06/02

オレンジ・スター

志村さん(享年70)が52歳の時に書いた本とのこと。人生を振りかえっているものではなく、生き方を示したもの。読んでみると、随所に笑いのプロフェッショナルを感じる。以前、仲本工事さんが「一番の勉強家は志村」とおっしゃっていたが、志村さんの笑いはドリフターズ(いかりやさん)の笑いである念入りに研究して、稽古をした計算し尽くした笑いであると改めてわかる。バカ殿のブランド管理も、そこまで考えてるんだという感じ。また、結婚されなかった理由もわかったような気がした。やはり、生涯現役の喜劇のプロだったんだと感じた。

2020/10/17

かずぼん

コロナ禍に巻き込まれて亡くなってしまった志村さんが、何を思い、どう生きたのか、改めて読みたいと思い手にとった。ちょうど20年近く前の著作で、今の自分と同じような年代の頃に書かれたものである。人生の折返しはとうに過ぎ、これまでを振り返ることと、これからをとう生きるかを考えるうえでも、芸能界という特殊な世界のことではなく、広く自分の生き方にも通じる内容であった。最後にわからなくなったらリセットすればいいというくだりがあるが、リセットできる臨界の時期かもしれない。

2020/05/30

感想・レビューをもっと見る