読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「疲れないからだ」のつくり方 (王様文庫)

「疲れないからだ」のつくり方 (王様文庫)

「疲れないからだ」のつくり方 (王様文庫)

作家
寺門琢己
出版社
三笠書房
発売日
2011-08-30
ISBN
9784837966111
amazonで購入する

「疲れないからだ」のつくり方 (王様文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤井寛子

四月からの読書量これで400冊目達成いたしました。400冊目のこの本は私の中で結構革命的だった。何も疲れる要素がないはずなのに、漠然とした疲れみたいなものが溜まってる感じがしてたけど、体が錆び付いてたんだということが判明。しっかり溜まったものはしっかり出すことが大切。糖分を少しとって、しゃぶしゃぶ食べて風呂入って出すものしっかり出して、散歩をする。エネルギーが強いのにそれをうまく出しきれてなかったことが原因だったんだと気づいた。明日から散歩して汗をしっかり出す。

2015/10/22

なぜ自分は疲れていると感じるのか、疲れているからと言って動かないのはNGなのがよくわかりました。あと、長い間動かしていない自転車は錆びてしまって動かそうと思っても動かない。人間の体も同じように錆びている。。等たとえがむちゃくちゃ上手いので妙に納得してしまいました。体からのサインを見逃さないように、また取り違えないようにしてちょっとでも健康になれればと思います。

2016/01/10

蓮華

女性向けの疲れないからだをつくる本。 疲れには肉体と心の疲れがあり、どちらも繋がっているとのこと。 心の疲れをとることでからだの疲れもとれる。 心と体に意識して生活してみようと思う。 目の疲れと鼠径部、肝臓も繋がっているそう。 仕事のパソコンと読書で目を酷使しているから気を付けよう。

2017/11/25

Humbaba

疲れをためないために体を動かさない.一見正しそうだが,それを繰り返していけば体はどんどん錆び付いていく.一度体を疲れきるほどに使うことで,体に溜まった錆を落とし,健康な体が出来上がる.

2013/03/25

Susumu Tokushige

休息関連の情報を得たく読む。はじめにの一行目に「本書は、女性が疲れ知らずのからだを手に入れて、人生をイキイキと楽しむための本です。」とあり、読者対象から外れていることを知るが、折角買ったし、勿体ないから読む。疲労には「からだ」と「こころ」の二種類があるが、根底は同じ。一方を解消すれば一方も治る。本書は「からだ」をメインに解説。足湯や五菜スープで体調を整え、週に二回は徹底的に身体を疲労させよ。頭は疲労しているのに身体が疲れてない人が多い。疲労のバランスを取れ。発汗して身体のゴミを出せ。なるほど。疲労も大切。

2017/02/15

感想・レビューをもっと見る