読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

この一冊で「聖書」がわかる!: 旧約、新約のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教まで (知的生きかた文庫)

この一冊で「聖書」がわかる!: 旧約、新約のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教まで (知的生きかた文庫)

この一冊で「聖書」がわかる!: 旧約、新約のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教まで (知的生きかた文庫)

作家
白取春彦
出版社
三笠書房
発売日
2015-07-23
ISBN
9784837983538
amazonで購入する Kindle版を購入する

この一冊で「聖書」がわかる!: 旧約、新約のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教まで (知的生きかた文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Mana

最近、宗教に興味があって、とかく日本は宗教に関して疎いと言われます。世界からみればかなり稀なことなのです。

2015/12/22

まな

ふと、聖書に興味を持ったので手に取ってみた1冊。正直、難しかった。あまり知識のないまま読み進めたというのもあるだろう。しかし信仰というものは言葉では説明できないものがある。最後の方に著者が述べている「しかし、実際には処女懐胎などの不思議な現象がキリスト者の信仰を支えているのである」という言葉に妙に納得してしまった。またひとつ、私が知らない世界の1部に触れることが出来た。本は良い。

2019/08/03

けんたろう

良い入門書ですね。個人的には、「グローバルな人材」とやらになるためには語学なんかやるよりまずは宗教について学ぶべきだと感じているのでこういう本がもっと多くの人に読まれるといいなと思います

2016/11/30

ブー

聖書に纏わる変遷を、判り易く解説。個人的には、聖書はやはり、エンターテイメントの宝庫です。何かしら、聞いたことのある単語の山です。興味のある人には良いかも・・・ただ、通な方には、物足りないかも・・・

2015/08/03

むらり

最近読む本に聖書からの引用が多いので教養として知識を身につけるために購入。聖書の内容だけでなく、周辺のコンテキストも分かるので入門書としてとても良いと思う。

2018/05/29

感想・レビューをもっと見る