読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アート戦略/コンテンポラリーアート虎の巻

アート戦略/コンテンポラリーアート虎の巻

アート戦略/コンテンポラリーアート虎の巻

作家
後藤繁雄
出版社
光村推古書院
発売日
2018-04-04
ISBN
9784838105762
amazonで購入する

アート戦略/コンテンポラリーアート虎の巻 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

koikinabeat

頭脳プレイにシフトして以降、増殖していくコンテンポラリーアートの今を捉えるために、自身のプロジェクトや、アーティストへのインタビューを実例に交え、解説していく本。途中、アーティストにとっての必読書や、未来を予見する上で重要な書籍について度々触れており、その情報を得られるだけでも良書かと思う。著者の言う事が全てとは限らないので、他の著者の本と併せて読むと効果的かもしれない。 次元とか、メタの話は面白かった。

吉田幸浩

タイトルの通りコンテンポラリーアートを考える良本。アーティスト、キュレーター、批評家、ギャラリーについて今までどうであり、これからどうなるか?知ることができ、考えさせられる。デュシャン以降のコンテンポラリーはながく続くが、つまり作家は’いま’何を考え、学び、これから何を世に出すのか?(ショーもないものは出すのをはばかられる、様なほどよいプレッシャー)を思わせる。著者の経験と知見が広く深いことは認識できるが、すべてが正しいのかは不明(真だけがアートではないが)。読了後、積読本が5以上は増加した。

2018/10/26

感想・レビューをもっと見る