読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

45分でわかる! 14歳からの世界金融危機 (45 MINUTES SERIES 1)

45分でわかる! 14歳からの世界金融危機 (45 MINUTES SERIES 1)

45分でわかる! 14歳からの世界金融危機 (45 MINUTES SERIES 1)

作家
池上彰
出版社
マガジンハウス
発売日
2009-02-26
ISBN
9784838719525
amazonで購入する Kindle版を購入する

45分でわかる! 14歳からの世界金融危機 (45 MINUTES SERIES 1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

白義

サブプライムローンから始まった金融危機について、内実はそこまではっきり理解していなかったのでかなり助かった。なんというか、本当に風が吹けば桶屋が儲かる式に、小さな綻びが巨大な歪みを巻き起こしていったのが露骨に提示されていて本当に現代怖い。ローンの権利を投資銀行に売り付けてそれをまた金融商品にしてって入り口からなんかおかしすぎる。住宅の話から原油やとうもろこしまで高騰して貨幣も…ってグローバルホラーですがな。文章がすごくよかったからいいけど体裁から考えたら図解をつけてもよかったかも

2012/12/16

がんぞ

『世紀の空売り』を先に読むと、「高度の数学を駆使して設計された」金融商品の内容を誰も理解していなかったこととか、商品開発によって巨額(1年で日本の普通のサラリーマンの生涯所得を遥かに超える額)の報酬を得てそれにAAAの格付けをした格付け会社社員が罪に問われず、かえって警告し保険=空売り商品を開発した者が世間に非難されたのは何故など突っ込みたいのだが、根本的には“不動産の価格はそれに住む住人の収入で決まる”の原理→アメリカ全土の全産業で雇用数・所得が下落という“ありそうにないこと”想定外はおこりがちの法則!

2013/11/30

村越操

グローバルの本質が理解しやすい一冊。世界で起こることが日本、ひいては個人にも影響があるということをリーマンショックを題材に説明してくれる。こういう本を読んで、物事の因果関係を学ぶ行為を続けていきたいと思いました。

2012/09/10

ふろんた

わかりやすく学べました。金融との付き合い方について池上さんの意見も知ることができた。

2011/09/15

コダマ

分かりやすい

2017/06/29

感想・レビューをもっと見る