読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

きょうの猫村さん 7

きょうの猫村さん 7

きょうの猫村さん 7

作家
ほしよりこ
出版社
マガジンハウス
発売日
2014-03-13
ISBN
9784838726578
amazonで購入する

きょうの猫村さん 7 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

えちぜんや よーた

日頃の学習のおかげで漢字・かな文字だけでなく、アルファベットも読むことができるようになった猫村さん。しかしローマ字読みはまだできない様子。外国にいるぼっちゃんに会いに行くときは、読めた方がいいと思うので、今後の学習の成果が期待される。

2014/04/14

AKIKO-WILL

久々に続きを読みました。6巻からかなり間が空いたけどやっぱり猫村さん癒される!スケ子さんの女将さん姿。何かかなり髪型が盛りすぎてチョット面白かったです。猫村さんとおばあさんのやり取りも好きです。野生に戻る猫村さん!

2016/03/17

あん

たまに素の猫に戻る猫村さんを見ると、「あ~本当に猫だったんだなぁ」と実感します。家政婦として完璧な猫村さんに、私の靴も磨いて欲しいです(笑)

2015/12/19

しゅわ

【図書館】あいかわらず安定のおもしろさ&カワイさの猫村さん。奥様と旦那様、そしてたかしさんと尾仁子さん兄妹…なかなかうまくゆかない様子がもどかしいです。岡野先生夫妻の後日談が…そんなコトになっているとは驚き!夫婦って深いなぁ。スケ子さんがすっかりイイ女になってました。はい。

2014/07/27

green tea

安定してるといえば安定してるんだけどマンネリといえばマンネリ ややどろどろ おにこの仲間の話とか意外と進まない 坊ちゃまとの再会とか仲居探偵とかこちらが気にかけているサブプロットが 停滞気味である そしてメインとなるのは奥様と姑の確執、奥様と旦那様の微妙な関係の行き先でこれでは昼ドラなのだが猫村さんなのである 当初目を引いていた猫らしい仕草や働き者ぶりも巻が続くとだんだん当たり前のように慣れてしまう もう少し話に起伏を強くつけていくべき

2014/03/13

感想・レビューをもっと見る