読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

蘇える変態

蘇える変態

蘇える変態

作家
星野源
出版社
マガジンハウス
発売日
2014-05-09
ISBN
9784838726615
amazonで購入する

蘇える変態 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

徒花

あまりにも人気だからそのうち読まねばならんなと思いながらやっと読めた一冊。うすうす感じてはいたけど、この男はタモリやみうらじゅん、中島らも、リリー・フランキーなどの系譜を継ぐ人物で、むしろ本来は女性ファンにきゃーきゃーいわれちゃいけないのではないか。エロを語る妙味は(実際は別としても)「世間一般の女性にはモテなさそう」というイメージをもたれてることが必要条件で、「童貞キャラ」はいいけどやっぱり新垣結衣とイチャつくなんてしちゃだめだったんだコラ! 中盤は平凡なエッセーだけどやっぱり闘病記はおもしろい。

2018/02/14

岡本

聖☆おにいさんで初めて知って、2年位前からANNを聞き始めたので入院の事はあまり知らなかった。他のエッセイ本は源さんの文章を読んでほのぼのしていたが、闘病生活のパートはハラハラしてしまう。源さんの事がもっと知れて良かった。

2018/05/27

優希

源ちゃん、ぶっ飛ばしてくれますね。ますます好きになってしまいます。のっけからエロだし、下ネタのオンパレードだし。それでも爽やかに感じてしまうのが源ちゃんの魅力なんでしょうね。曲についてのエピソードも沢山出てきて、意外な創作秘話を見た感じです。闘病生活もありのまま書いているのでちょっと辛い部分もありましたが、どんなときも星野節は健在です。日常を楽しめる人なんだなと思いました。大部分がくだらない話なのに元気をもらえるのは源ちゃんの飾らない語り口調があるからでしょう。最高です。

2015/10/19

nuit

冒頭からちょこちょこと感じられるストレス…そして後半書き下ろしの「楽しい地獄だより」で、とうとうきてしまったくも膜下出血!そして脳動脈瘤の再発…でも蘇ってくれました!ここから更に忙しく、かつ人気売れっ子として活躍する星野源。不断の努力があるからこその結果なんだろうなぁ。おじいちゃんのお話が好き。

2018/05/01

☆ゆう☆

すっかり星野源さんのエッセイにハマってしまい、三冊目。前半はいつも以上に面白おかしく。童貞の役ばかりくるのが不本意なのだそうだ笑。後半はくも膜下出血で手術した際の闘病生活が綴られている。現在の活躍からは想像できないが、二度も地獄を見て戻って来たのだ。描かれている以上に壮絶だったと思うが、彼らしく下ネタやユーモアを交えながら淡々と描かれているから暗くならない。彼の人柄がここでも出ていた。飾らず、好きなものは好き、赤裸々にまっすぐ、自分に正直に生きる生き方がとても魅力的。蘇った変態をこれからも応援したい。

2016/12/30

感想・レビューをもっと見る