読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世界がもし100人の村だったら お金篇 たった1人の大金持ちと50人の貧しい村人たち

世界がもし100人の村だったら お金篇  たった1人の大金持ちと50人の貧しい村人たち

世界がもし100人の村だったら お金篇 たった1人の大金持ちと50人の貧しい村人たち

作家
池田香代子
C.ダグラス・ラミス
出版社
マガジンハウス
発売日
2017-01-30
ISBN
9784838729029
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「お金」を糸口にすると、
世界の仕組みがよりリアルにわかる!
累計160万部のシリーズ最新刊、緊急出版。


世界のGDPは
2000年からの15年で
2倍以上になりましたが、
貧しさはなくなりません。

世界がもし100人の村だったら
1人の大金持ちの富と
99人の富はだいたい同じです。
なぜ、そうなったのでしょう?

新しい時代に生きるわたしたちが知っておくべき
世界の実態をわかりやすい数字と解説で紹介する
新『100村』のお金篇、緊急出版!

わたしたちが進むべき方向が
きっと見えてきます。

世界がもし100人の村だったら お金篇 たった1人の大金持ちと50人の貧しい村人たち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちさと

世界では8億人が貧困に苦しむ一方、0.14%の富裕層が世界の金融資産の81.3%を持ち、日本では6人に1人の子供が貧困という。本書は貧困や格差は金融派生商品の投げ売り、富裕層や大企業の租税回避無しには語れないとして、お金と地球社会にまつわる沢山の数字を提示しています。マネーゲームについてほとんど知識がないのですが、グローバルタックスの導入ってどうなってるのでしょう。国際社会が力を合わせないと、地球規模の問題解決は難しそう。

2018/11/23

Mori

一巻が世に出てから、良化傾向にあるのはわかるが、まだまだ。グローバルタックスという発想は興味深い。どの程度、実現可能性があるものなのだろうか。

2018/08/01

ノビー

市民革命で封建社会を打破し貴族の富の独占を廃し自由平等の社会を手にした近代国家だったはずだが,・・・。世の中の仕組みが変っても新たな富の独占者が現れる。アメリカンドリームを標榜しながら富を独占する金持ちとマネーに支配される貧者。共産主義国家とは名ばかりの隣国では大富豪の共産党幹部と大貧民の農民たち。日本でも格差社会という言葉を聞くが,諸外国と比較すると「唯一成功した社会主義国家」と揶揄されるように格差は少ない気がする。どんなに儲けても1日3食。どんなに儲けても一夫一婦制。どんなに儲けても寝る部屋は一つ。

2017/04/15

えぬ

有名な「世界がもしたった100人の村だったら」のお金篇。 お金に着目して世界のバランス、課題を問いかける一書。

2018/11/24

Ken imoto

最初が絵本形式だったので、気軽に本を取ってみたのですがいわゆる社会風刺的な本だと思いました! お金は仕組みの性質上お金を持っている人に集まるのが常です。そして、その集まり方を抑制するために税収があると思うのですが、たしかに仕組みが不十分ということを再認識しました! 世界場でも、日本でも社会問題である 子どもの貧困問題についても考える良い機会になった本でした(*´-`)

2018/07/17

感想・レビューをもっと見る