読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ママにはなれないパパ

ママにはなれないパパ

ママにはなれないパパ

作家
鈴木おさむ
出版社
マガジンハウス
発売日
2018-06-21
ISBN
9784838730025
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

放送作家の仕事を1年休業して、
妻、大島美幸(森三中)のテレビ復帰を応援。

育児はしんどい、でも楽しい!
父親目線の3年間の子育て奮闘記。


鈴木おさむです。僕の妻は女芸人、森三中の大島美幸と言います。
2002年に交際0日で結婚してしまった僕らですが、妊活を経て、2015年6月22日に、息子、笑福(えふ)を授かり、
父親と母親になることが出来ました。
僕は放送作家業を中心に仕事をしているのですが、子供が生まれたタイミングで、メインにしていた放送作家業をほぼお休みし、
育児に向き合うことにしました。
子供が0歳から1歳になっていく姿を毎日見ることが出来、色々な発見がありました。
息子は3歳になりました。
この本は子供が生まれてから3歳になるまで、父親目線で育児とか子供のことを見てきて気づいたことの記録であります。
世の中に母親目線の育児本、育児日記とか沢山ありますが、父親目線ってあまりありませんよね?
育児に向き合って、母親の凄さに沢山気づけました。そして思うわけです。
「パパはママにはなれない」ということに。
もちろん。色んな理由で父親一人で子供を育てている人もいます。そんな父親はすごいっす。
ママの分までパパがやるわけですから。すごすぎます。
これは僕が子供と向き合うことで気づいたこと。
育児の大変さ、しんどさ、そして、自分の無力さ。
そして子供を授かるという素晴らしさ。
子供を授かることによって変わっていく家族のカタチ。夫婦のカタチ。幸せのカタチ。
ママさんたちには、あるあると笑ってもらったり共感してもらったり、男って駄目だなとダメ出し気分で読んでもらったり。
そして出来れば、パパさんにこれを読ませてもらったり。

というわけで、父親目線の育児記。
始まります。

(はじめに/より)


男がまったくわからない、「乳首痛い」問題。
妻の不在で、一気に深まる父子の関係。
なりたいのは「イクメン」ではなく、「父親」。
「添い乳」の威力を思い知り、途方にくれる。
母親を守ろうとする、息子の必死さにショック。

全53話のエッセイと「父の気づき」

ママにはなれないパパ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

2015年に誕生した笑福君の0〜3歳を中心とした鈴木家のエッセイ。鈴木おさむさんのエッセイ、好きなんですよね〜。わが家の末っ子も今月3歳になるので(笑福君の1歳下)すごく共感したり懐かしくなったりジーンとしながら読みました。大島さんがお風呂で笑福君に言い聞かせていたところ、お姉さんの次男君の話でのところでは思わずウルッと。大島さん、本当に良いお母さんだし面白いし過酷な仕事なのに笑福君を大事にしているし尊敬します。「なんで、俺こんなことも出来ないのかなあ?」に、笑ってしまいましたがそうそうと思っちゃった😂

2019/08/06

Eriko M

森三中大島さんの旦那さんである、鈴木おさむさんの育児エッセイ。すごいよかった。旦那さん目線で授乳の大変さとか、奥さんの辛さを書いてくれていたので、うちのが旦那さんにも大分影響があったよう。交際0日で結婚されたのに、今本当に素敵な夫婦である様子を見ていると、ただの恋愛と結婚って別なんだなというのもよくわかった。 ★★★★★

2019/09/10

りーこ

わたしも育児真っ只中でこの本を読んで思い出すこともあったり、丁度今の時期だったり、これからのことだったり、あるあるだった。共働きでお互いを支え合ってる所が素晴らしいなと思った。やっぱり芸能人の夫婦でも子育てには四苦八苦している姿が共感出来てよかった。

2019/06/30

のり

育児にちゃんと向き合う男性はイクメンではなく、父親。育児や家事を「手伝う」という言葉も違和感。手伝うというのは女性が前提としての行動になる。赤ちゃんの成長は自分の弱点に気づける絶好の機会。大人になって自分の笑顔を見て子どものように満面の笑みを向けてくれる人なんていない。育児と仕事、いっぱいいっぱいなときこそ自分を客観的に見る。育児とは自分を育てること。そして命をつなぐこと。

2019/04/13

ゆっけ

赤ちゃんと生活する幸せ、大変さが男性目線でコミカルに描かれています。パパだからこそできる子育て、夫婦仲良く過ごすヒントがいっぱい。息子は今4ヶ月。「そういえば、こんな感じだったなぁ」懐かしさと旦那さんへの感謝の心でいっぱいになりました。

2018/12/22

感想・レビューをもっと見る