読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」

カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」

カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」

作家
棚橋弘至
出版社
マガジンハウス
発売日
2019-06-13
ISBN
9784838730551
amazonで購入する Kindle版を購入する

「カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」」の関連記事

棚橋弘至があきらめない仕事術&生き方を伝授! 「もし棚橋がサラリーマンだったら…(最終話)」/『逆境からの「復活力」』⑦

新日本プロレス、不動のエース・棚橋弘至。「100年に一人の逸材」は、逆境の中でもがきながらも、なぜリングに上がり続けることができるのか? 職場や家庭で孤独を感じ悩める読者の背中を押し、あきらめない仕事術&生き方を伝授する…!

『カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」』(棚橋弘至/マガジンハウス)

漫画『もし棚橋弘至がサラリーマンだったら…』最終話

続きは本書でお楽しみください。

2019/8/17

全文を読む

棚橋弘至があきらめない仕事術&生き方を伝授!「プロレス総選挙」「棚橋大人計画十か条」/『逆境からの「復活力」』⑥

新日本プロレス、不動のエース・棚橋弘至。「100年に一人の逸材」は、逆境の中でもがきながらも、なぜリングに上がり続けることができるのか? 職場や家庭で孤独を感じ悩める読者の背中を押し、あきらめない仕事術&生き方を伝授する…!

『カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」』(棚橋弘至/マガジンハウス)

自分自身に期待し、次なる好機を待つ。──特番『ガチで投票! プロレス総選挙』

 2017年の3月にテレビ朝日系列で『現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票! プロレス総選挙』という特番が放送された。

 この番組は投票で“史上最高のプロレスラーランキング”を決定し、上位20名を発表するというもの。新日本プロレスのスタッフからこの番組の話を聞いた時点で、僕はすでにソワソワしていた。

 しかもその放送枠は夜9時から2時間以上。「えっ、いいの? ホントに!?」が素直な感想だった。

 昨今、情報番組のプロレスをテーマにしたワンコーナーに呼んでもらったり、バラエティ番組にゲスト出演したりする機会は増えてきたにせよ、プロレス単体を地上波で長時間扱うのは…

2019/8/16

全文を読む

関連記事をもっと見る

カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Y2K☮

今の新日本で最も面白い試合をする選手は誰か。私は石井智宏だと思う。ただ彼は寡黙な職人タイプ。本など書かないしメディアにもほぼ出ない。かつてのタナは試合が最高に素晴らしかったことに加え、そういったプロモーションも積極的にこなしていた。加齢と治らぬケガを抱えた現状では、ファンから「もっとリングに集中してくれ」と云われがちのようだが、それは彼の本意ではないはず。なぜなら試合だけではなく、こういう本も含めて棚橋弘至のプロレスだから。まさに逸材適所。タナにはこの立ち位置を続けて欲しい。まだまだここから!負けないぞ。

2019/06/14

0607xxx

どんな状況であれ、結局は自分次第だなと改めて気付かされた。最近、職場で凹んだりイライラしたりする事が以前より増えたように思うが、ここはチャンス!と捉え、焦らず、腐らず頑張ろうと思う。

2019/06/18

フロム

マァこの人はどこ行っても成功する人ですわ。ポジティブさに目を向けがちだと思うがこの人の凄さは「ボタンを押し続ける能力」にあると思う。僕の出た大学、中々のバカ大だったのだが当時の学長は割とカリスマで、大学改革相当本気でやってたのだが、その彼の言葉で記憶に残っているのが「押すボタンを間違うな」と「ボタンを押し続けろ」だ。普通だったら1回ダメだったら諦めてしまうプロテストを3回も受け続けることができる粘り強さ。これこそが彼が栄光を掴めた秘訣ではないかと思う。文章はたどたどしいが読んでいて勇気が湧く良本だと思う。

2019/09/19

摩訶不志木

棚橋選手による自己啓発本ともいえる一冊。WWEを観に行った話と、KUSHIDAへのエールが良かった。

2019/11/26

やまふみ

129ページにある著者による10カ条みたいな第9番目は本当にレスラーのやる行為か!?と疑った。

2019/07/30

感想・レビューをもっと見る