読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる

作家
堀江貴文
出版社
マガジンハウス
発売日
2019-06-20
ISBN
9784838730568
amazonで購入する Kindle版を購入する

「あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる」のおすすめレビュー

貯め込む人は金持ちにはなれない!? 金持ちになるためのランチ、通勤圏、飲み会ルールをホリエモンが解説!

『あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる』(堀江貴文/マガジンハウス)

 お金を貯めることは良いことだ。子どもの頃から、そう教わって来なかっただろうか? お年玉を貯金したり、毎月のお小遣いを少しずつ貯金に回したりした人はきっと少なくないはずだ。

 だが、お金を貯めるのは実は正しい選択ではなく、むしろ使った方がいい。それが、『あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる』(堀江貴文/マガジンハウス)での堀江氏の主張だ。

 だが当然ながら、考え無しにお金を使うのはNG。必要なのは、使うべきところでお金を惜しまず使うことだという。そうすると、人生の中に「チャンス」が増えていくのだとか。では、何にお金を使うべきなのか、実際に本書を開いていこう。

■通勤に往復2時間もかけるな!

 たとえば東京都心に勤める多くの人が、埼玉や神奈川、千葉といった郊外のベッドタウンに住居を構えている。だが、「職住近接」という言葉があるように、職場と住まいは近い方が良いという。しかしそうは言われても、都内の物件は家賃が高く、通勤時間についてはある程度目を瞑っているという人が多いのが現状…

2019/8/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる」の関連記事

【ビジネス編TOP10】ヤクザから『こち亀』秋本治の仕事術まで!「2019年人気記事ランキング」

 2019年がもうすぐ幕を閉じようとしている。今年が終われば、来年は東京オリンピック。東京オリンピックは、日本の経済にどんな影響を与えるのか。今からあらゆるビジネス本を読んで、2020年という大切な年に備えておきたいものだ。ダ・ヴィンチニュースユーザーは今年、どんなビジネス関連の記事を読んだのだろうか。「2019年人気記事ランキングTOP10【ビジネス編】」を見てみることにしよう。

【第1位】元経済ヤクザが明かす「黒い錬金術」の最前線。3億円が瞬く間に220億に――!?

『金融ダークサイド 元経済ヤクザが明かす「マネーと暴力」の新世界』(猫組長[菅原潮]/講談社)

 日産元会長・カルロス・ゴーン氏の事件は、日産の金を使って私腹を肥やしたという単純なものではなく、国際金融を舞台にしたマネーロンダリング(資金洗浄)だった!?

 そう指摘するのは、『金融ダークサイド 元経済ヤクザが明かす「マネーと暴力」の新世界』(講談社)の著者で、猫組長こと菅原潮氏だ。菅原氏は、元山口組系組長として、実際にマネーロンダリングに手を染めたことがある人物。経済ヤクザ時代には、3億…

2019/12/27

全文を読む

関連記事をもっと見る

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

堀江さん新刊。ホリエモンの意外な面…例えば欠かさずランニングをしアイアンマンレースを完走する(だからこそ多動力可能な体力が維持できている)、やりたいことのために資金難に陥ったこともあるなど、メディアやSNSの発信では見えない裏側を見ることのできる1冊です。恋愛話も目新しかった♡相変わらず、一般常識に染まりきっている思考を一刀両断してくれます。貯金を、「巨大な資産を持っている銀行への貸し」とは考えたことがなかった!まずわたしは行動力の基本となる体力をつけよう!!人に任せるのも課題だな。

2019/07/03

keroppi

堀江さんの話は極端すぎるが、「死ぬとき直面するのは使った後悔より使わなかった後悔」というのはわかる気がする。お金は有効に使ってこそ意味のあるもの。無駄遣いをするのではない。私も、もっと楽しもう。

2020/08/29

NICKNAME

堀江氏の本を読むのはこれが正直初めてである。今まで彼に対して偏見を持っていたが、たまたま彼の出ているYouTube動画を見て筋の通ったことを言う人だと思い、本屋でこの本を見かけたので購入し読んでみた。サラサラと読める内容であった。彼のことが更に理解できたと思うが、自分には全てを彼の言うとおりにするにはまだまだであると思った・・・今後も彼の本は厳選して読んでゆきたい。

2019/09/30

ガジュマル

ホリエモンの著書を一度読んでみたく借りた。強いインパクトの小見出しにはどれもハッとさせられる。囚われた思考に風穴を開ける点で貴重。だが中身はやはり彼の生き方そのもの。どうかと思う考え方も散見されるが、行動を掻き立てられ参考にはなる。/使わなかった後悔をせぬよう、その時にしか得られない「今」人生を楽しみ尽す。 

2020/10/13

原口 南

お金を有効に使う方法をホリエモン流に解説した1冊。タイトルはこうだけど、ただ無駄遣いすればいい、というのではない。お金があれば安心なのか?を問われているわけで。

2020/11/30

感想・レビューをもっと見る