読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

蕎麦湯が来ない

蕎麦湯が来ない

蕎麦湯が来ない

作家
せきしろ
又吉直樹
出版社
マガジンハウス
発売日
2020-03-12
ISBN
9784838730858
amazonで購入する Kindle版を購入する

「蕎麦湯が来ない」の関連記事

「五時の鐘がよくきこえる場所を教えられた」そこはかとなく心にくる自由律俳句/『蕎麦湯が来ない』⑦

美しく、儚く、切なく、哀しく、馬鹿馬鹿しく、愛おしい。鬼才と奇才。文学界の異才コンビ・せきしろ×又吉直樹が詠む、センチメンタル過剰で自意識異常な自由律俳句集より、その一部をご紹介します。

『蕎麦湯が来ない』(せきしろ、又吉直樹/マガジンハウス)

>> 次のページに続く

続きは本書でお楽しみください。

2020/5/15

全文を読む

後輩芸人からの悩み相談への答えは「一番自信のあるギャグを見て判断させて欲しい」/『蕎麦湯が来ない』⑥

美しく、儚く、切なく、哀しく、馬鹿馬鹿しく、愛おしい。鬼才と奇才。文学界の異才コンビ・せきしろ×又吉直樹が詠む、センチメンタル過剰で自意識異常な自由律俳句集より、その一部をご紹介します。

『蕎麦湯が来ない』(せきしろ、又吉直樹/マガジンハウス)

そこからだと月は見えない

 突然、後輩から電話があった。数年前は毎日のように顔を合わせていたから随分久しぶりのように感じた。最近は劇場で会うと「また飲みにいこう」とは言うものの、なかなか実現していなかった。このタイミングでの電話は嫌な予感がする。  下北沢の中華料理屋に一人でいることを伝えると、会うことになった。後輩は店に着くなり、「実は相談がありまして……」と重い口調で話しはじめた。後輩は数年前にコンビを解散したあと、一人で活動を続けていたが、演劇に出演する機会があり、お芝居の面白さと厳しさを痛感し、本気で役者をやりたいという気持ちが強くなったらしく、その一方で芸人を続けたいという気持ちもあるという。  僕は両立を提案したが、芸人のままだと、演劇の世界の人達から甘やかされてしまうことが本人は嫌なようだった。真…

2020/5/14

全文を読む

関連記事をもっと見る

蕎麦湯が来ない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タカユキ

せきしろと又吉直樹の共著での自由律俳句とエッセイ集としての最新作。素直に面白かった。自分には共有できる感覚。自分の為に答えを出してしまう気持ちや感覚。爆笑したところも、泣きそうになったところもあり感情が持っていかれる。そして短い文章から様々なイメージが溢れでる。あと又吉さんの「人間」への冷静で暖かい感覚にひかれる。自意識過剰気味なせきしろさんと、又吉さんの他人や自分への観察眼。文章の味わいが面白い!疲れている時にオススメの一冊。楽しかった!

2020/03/22

美登利

センチメンタル。お二人の自由律俳句の本、他にも読んだはずなのに検索しても出てこないって何故?私の勘違いだったのかしら。俳句も良いけれど、間に結構な量で挟まれるエッセイの味わいが深い。せきしろさんのお姿をネットで調べ拝見してびっくり!なんだか想像していた方とは全然雰囲気違うわ〜。せきしろさんが又吉さんと出会った経緯は悲しい逸話があったんですね。どの句が1番かは決められませんでしたがモノクロの写真と相まって感傷的な気分になります。良い意味で。

2020/07/24

はまだ

自由律がたいへん好きです。極端に短い詩、みたいなもの。たとえば、1文字すらおろそかにしない粘り強さ、得た直感を傷つけない繊細さ、体験を言語化する語彙力、星野源の歌の悪くなさ、ガッキーの女神ぶりなどが必要。必要? せきしろ「これはあなたのダウンジャケットの羽だ」、又吉「難解なティーポットで来た」「取れるとは限らない眼鏡の染み」「自分が落としたことになった商品を拾う」「行かなくなった美容室の人がいた」「ラも唄う人だった」など。ぜんぶ情景がわかる。星野源にあれをやらせたのは俺です。すみませんでした。★5

2020/04/27

まま

『カキフライが無いなら来なかった』はクスクス笑いながら読んだのたけど、こちらはなんか文学的🍃📖。脳内で又吉さんの声で再生されて、勝手にセピア色がかってるせいか・・・(笑)

2020/11/16

おかむら

「カキフライが無いなら来なかった」「まさかジープでくるとは」に続く自由律俳句(とミニエッセイ)集の第3弾。自意識過剰なあまりオドオド挙動不審な二人の文章が好き。自由律俳句が地味すぎネガティブすぎなのが楽しー。

2020/04/07

感想・レビューをもっと見る