読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

美女は何でも知っている (マガジンハウス文庫)

美女は何でも知っている (マガジンハウス文庫)

美女は何でも知っている (マガジンハウス文庫)

作家
林真理子
出版社
マガジンハウス
発売日
2010-02-25
ISBN
9784838770465
amazonで購入する Kindle版を購入する

美女は何でも知っている (マガジンハウス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

扉のこちら側

初読。2014年898冊め。単行本で初読、文庫で再読。いったい林さんの経済状況はどうなっているのか。家計簿を見せていただきたいくらい。

2014/10/20

colocolokenta

初めて読んだ林真理子。この人には、世間一般に対する誠実さ、生きていく事に対する真摯さ、とかそういったものは無いのだろうか?さらには、その取り巻きも。類は友を呼ぶとはまさにこの事。バブル期の女子大生がそのままの精神年齢で実年齢ばかり重ねている。尊敬できる大人が少ないのは、こういう”尊敬できない大人”が増えているためだろう。私も人の事は言えないが。

2010/07/13

コホン

痩せて太って、太って痩せて。食べて食べて、買って買って買って。の繰り返しのシリーズをブックオフで買っては読む私。

2012/05/28

toki

太った。痩せた。何がおいしかった。あの人が好き。あの人は嫌い。という内容。なんとなく、断捨離とかシンプルライフの対極の生活。パラパラと読んで、忘れたらいいのです。

2017/11/03

カーミン

何十万円もかけて、パーソナルトレーナーやダイエットのカウセリングを受け、それでも「なかなか痩せない」と嘆く真理子さん。でも、いくら仕事とは言え、セレブなお店でたんまり食べてりゃあ誰でも痩せないよね。話は変るけど、真理子さんの作品がいくつもドラマ化されているのには、驚きました。早速DVDを借りて来なくちゃ。

2013/07/05

感想・レビューをもっと見る