読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

きょうの猫村さん 3 (マガジンハウス文庫)

きょうの猫村さん 3 (マガジンハウス文庫)

きょうの猫村さん 3 (マガジンハウス文庫)

作家
ほしよりこ
出版社
マガジンハウス
発売日
2011-07-14
ISBN
9784838770588
amazonで購入する

きょうの猫村さん 3 (マガジンハウス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

秋製 

漫画、シリーズ物。コマ割りが恐ろしいほどにシンプル。絵よりも字が多いシーンがあり、これは初めて見たかも!少々、驚きました(笑) 猫村さんの何気ない一言で更に自分お気持ちに素直になっていく奥さん。昔のように素直に向きあえばいいのに!と、優しい内容の昼メロを見ているように読んでいます(^^;)

2013/05/27

さち@毎日に感謝♪

再読。今後夫婦の関係が猫村さんのお節介によってまた修復されたらいいなと思います。お互い気持ちがすれ違って、素直になれずこじれているだけだと思うので。

2015/09/02

読み人知らず

意地悪な奥さんとの会話の応酬が楽しい。奥様がかわいい。

2015/12/19

ひろん

鉛筆で描かれた漫画にちょっと違和感を感じながらも、癒し系な絵柄に続けて購入。話も上手くばかり進まないのが良いところかな?

2013/07/12

bakumugi

猫も杓子も語る、語る、の3巻。アゲパン カリッカリ~♪ ふふふ~ん、お魚くわえて三丁目~ 走って走って四丁目~♪ 丁度いいって、人それぞれなのよね~(私ねこだけど)。  ・・・人間、あきらめて仮面をかぶり続けると、その仮面がいつのまにか本当の自分になってしまう。そうなると、元の顔に戻る(素直になる)のは、関係性が近いと余計に難しい。対人苦手なので、他人への思いやりと想像力を持ち続けるって難しいけど、後悔しないよう、笑っていこう(猫村さんじゃなく私の独白)。

2015/09/13

感想・レビューをもっと見る