読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

血と知と地〈下〉―馬・吉田善哉・社台 (MYCOM競馬文庫)

血と知と地〈下〉―馬・吉田善哉・社台 (MYCOM競馬文庫)

血と知と地〈下〉―馬・吉田善哉・社台 (MYCOM競馬文庫)

作家
吉川良
出版社
毎日コミュニケーションズ
発売日
2003-10
ISBN
9784839912987
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

社台ファームの総帥、故吉田善哉の伝記的作品

 社台ダイナースクラブの成功により順調に発展する事業だが、前進しか知らない善哉は、得た金は種牡馬や繁殖牝馬の購入に注ぎ続けた。そして、ノーザンテースト産駒ダイナガリバーによる、父善助からの悲願であるダービー制覇。さらにあの奇跡の種牡馬サンデーサイレンスの獲得、山元トレセンの設立と、その意欲はとどまることなく、父子二代の望みは社台王国として達成され、息子たちの時代に引き継がれる。10年にわたり交友のあった著者が描く吉田善哉の生涯。
 1999年のJRA馬事文化賞、ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞した、ノンフィクションの名作。

●吉川良(よしかわ・まこと)
1937年、東京生まれ。芝高等学校卒、駒澤大学仏教学部中退。1978年『自分の戦場』で第2回すばる文学賞受賞。1979年『八月の光を受けよ』で芥川賞候補、『その涙ながらの日』で二度目の候補、1980年『神田村』で三度候補となった。1999年JRA馬事文化賞、ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。