読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫)

人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫)

人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫)

作家
ひすいこたろう
山下 弘司
出版社
マイナビ
発売日
2014-02-18
ISBN
9784839950385
amazonで購入する

人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

リリー・ラッシュ

名前にまつわる興味深いお話が沢山書かれています。“名前は、両親からの一生分の誕生日プレゼント”“名前にはその人の『使命』が表現されている”そして「名前はパワーです。最高のマントラ(聖なる呪文)だと思います。」「言葉にして発することが、ことだまの重要なポイントになります。」とありました。付録の「名前のことだま」50音一覧表を参考に、自分の名前に込められた私の『使命』についてゆっくり考えていこうと思いました。そして、人にも必ず名前を音に出して呼びたいと思います。自分の名前が愛おしくなります♡

2017/03/02

もも

死してなお、永遠に残るのは名前。そしてその名前は親からもらうプレゼントかつ、その人の使命を表す。自分を知るツールとして役立つ!面白い!

2016/06/20

あまね

『駐車場の料金が無料になるまであと600円!うーーーん。ま、いいか。買っちゃお!』という感じで買ってしまったのに、なかなかの面白さでした。名前の音の響きに生きる意味が示されているという本なのですが、この手の本って読んで『ふーーん。』となって終わりとなるパターンが多いです。けれど、こちらの本は胸に響く箇所もあり、何よりあれがダメこれがダメと言わないところがいいですね。自分の名前がよりいっそう大好きになりました。

2016/02/23

左端の美人

すごく当たってると思う。 読めない漢字の名前が嫌だったけど、こんな意味があったなんて!! 自分の名前が好きになりました、 これからは自分の名前を大切にしたいと思える本に出逢えて感謝です。ありがとうございます!

2014/11/28

ウィル

この本を読むことによって自分自身の名前が大好きになった。特にこの本で印象に残ったのは4つある。一つ目は名前は親からもらう最高のプレゼントであり、名前に誇りを持って自分らしい生き方をすることこそ「究極の親孝行」である。二つ目は名前にその人の生きる役割、使命が書かれている。三つ目は相手の名前は自分のためにある。4つ目は世の中でもっとも耳に甘く響く良い音楽は自分の名前の響きである。実際にこの本で自分の名前の使命がわかるのでぜひたくさんの人に読んでもらいたい。そして自分の名前をもっと好きになってほしい。

2016/02/22

感想・レビューをもっと見る