読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

爽快! 3手詰トレーニング200 (マイナビ将棋文庫)

爽快! 3手詰トレーニング200 (マイナビ将棋文庫)

爽快! 3手詰トレーニング200 (マイナビ将棋文庫)

作家
渡辺明
出版社
マイナビ
発売日
2014-06-24
ISBN
9784839952532
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

爽快! 3手詰トレーニング200 (マイナビ将棋文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mass34

200問。3手詰を読みきるのって、けっこう大変だ。歳取って、読むのが億劫になってる。

2017/02/06

mass34

浦野先生の「3手詰めハンドブック」より解きにくい。(T0T)

2017/05/07

オーダー66

浦野の3手詰ハンドブックよりも難易度・歯ごたえは上の感じの問題集と感じた。ただ、詰将棋本にありがちなのだが、解答同然のヒントが多すぎて困る(ハンドブックはヒントなし)。総合的には結構勉強になったし、これから何周か回したい。

2015/08/11

あなあき

解けても全く「爽快さ」が得られない「大愚問集」。初手が必ず「捨て駒」で、ソレに玉方がどのように応じても詰むパターンの問題ばかり。作意がモロバレなので「難易度」はスゴく低いのに、何通りもある変化を「読む分量」だけが通常の3手詰より何倍も多くて煩わしい……という、取り組む側にとっては「作業感バリバリ」のヒドい内容。また、複数の詰み筋を入れ込んだ弊害なのか「図面がスゴく汚い」ので、何周も繰り返すと「変なクセ」がついてしまいかねない。将棋を始めたばかりの人や、詰将棋が苦手な人は、出来れば関わらない方がいい(笑)。

2015/07/26

HANA

詰将棋の3手詰が200問。はじめの方はあまり正解率が良くなかったけれど、答えを見ながら覚えていくと段々解けていくのが面白い。いくつか納得できない問題もあったけれど、勉強になったのでそれはそれで。これで少しは強くなってるといいんだけれど。もう1回やり直すのも良いかも。

2015/02/17

感想・レビューをもっと見る