読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

爽快! 5手詰トレーニング200 (マイナビ将棋文庫)

爽快! 5手詰トレーニング200 (マイナビ将棋文庫)

爽快! 5手詰トレーニング200 (マイナビ将棋文庫)

作家
渡辺明
出版社
マイナビ
発売日
2014-11-13
ISBN
9784839953706
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。





5手詰で読みをつなげる感覚を磨け!

「5手詰は基本の応用です。読みを先へ先へとつなげていく感覚を覚えてください」(まえがきより) 詰将棋を繰り返し解くことで、読みの力は確実に向上します。3手詰は相手の応手を全て読み切ればそこで終わりです。しかし5手詰では手の組み合わせは格段に増えます。深く読む力、読みを組み合わせてつなげる技術が鍛えられるはずです。問題は全て渡辺明二冠の保証付き、加えて本書では問題の順番を工夫しました。見慣れた形から始まり、徐々に未知の局面が出題されます。本書で終盤力向上を実感してください。


■CONTENTS
序章:5手詰にチャレンジ/第1章:一段玉にチャレンジ/第2章:二段玉にチャレンジ/第3章:三段玉にチャレンジ/第4章:四段玉にチャレンジ/第5章:五、六、七段玉にチャレンジ

ジャンル

爽快! 5手詰トレーニング200 (マイナビ将棋文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あなあき

姉妹本の『3手詰〜』とは問題のつくり方が違うので「作業感」はかなり減っている。ただ、解説が「ベタ読み(全ての王手を読む消去法)」を前提にしているので、やはり煩わしい(笑)。個人的に「ベタ読み訓練」は、詰将棋ではなく必至問題でやるのがいいんじゃないかと思う。詰将棋は楽しくないとアカンwww 解き進むに連れて玉の位置と難易度が上がっていくので「ホネのある問題」に取り組みたい人にはおススメするが、各章の棋力判定は超甘。だって、家庭用ゲーム機レベルの激指さんに弄ばれてる程度の自分が「三段」なわけないだろう(笑)。

2015/07/26

感想・レビューをもっと見る