読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神様の用心棒 ~うさぎは玄夜に跳ねる (マイナビ出版ファン文庫)

神様の用心棒 ~うさぎは玄夜に跳ねる (マイナビ出版ファン文庫)

神様の用心棒 ~うさぎは玄夜に跳ねる (マイナビ出版ファン文庫)

作家
霜月りつ
アオジマイコ
出版社
マイナビ出版
発売日
2020-09-18
ISBN
9784839973438
amazonで購入する Kindle版を購入する

神様の用心棒 ~うさぎは玄夜に跳ねる (マイナビ出版ファン文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

葵@晴読雨読

面白かった〜!安定の面白さ。主人公は相変わらずカッコイイし、ツクヨミ様はかわいいです。続編でないかなぁ。kindle unlimitedで初読み作家さんだったけど、他の本も読んでみたい。

2021/03/24

まっきー☆

シリーズ2巻。1作目は兎月自身がメインだったが、2巻からは氏子さん達との話。町の人たちのことを考えるようになった兎月は、本当に一皮剥けて新しい力を備えたのだと思う。そしてさらに強くなったのだと思う。きっと兎月は(既に死んでいるけど)新しい生と使命を手に入れたのかな。そんな兎月がとても人間味が溢れて好ましい。それにしてもツクヨミの仕草がいちいちうさぎっぽくて顔がにやけてしまう。最後の最後で、またまた彼の方の登場に胸熱!電車の中で泣きそうになった。これはシリーズ化して続いていく予感に心躍るばかり。うさぎ万歳!

2020/11/01

よぶ

シリーズ第2段!!ツクヨミ様には今回もキュンキュンしました💕セーターを着たツクヨミ、鼻をヒクヒクさせるツクヨミ…いやぁ~可愛い♪小雪の母に取り憑く怪ノモノ。マリーに取り憑いた怪ノモノ。佐倉に取り憑く怪ノモノ…人や動物を次々に殺していきます。さぁ兎月の出番です~土方さんの登場に『わぉ!!!!』大満足で読み終えました😆

2020/10/10

リディア

続編。終わりかな?と思ってたので嬉しいです。兎月が頼もしくツクヨミは可愛くお話はちょっと血が流れすぎな気がしますが、楽しく読了。

2020/11/22

豆あひる

表紙新キャラかなと思ったらパーシバルだった、想像とちがった(笑)でも一回見たらすんなり馴染んだ。パーシバルいいよね。基本もふもふの絵が想像できて癒やしなんだけどやっぱり切なさが漂う。最後の時代に追われ居場所がなくなった侍の話辛いなぁ。時期的にクリスマスから年明けの時間軸だったからタイムリー。サンタさんのぷれぜんとのセーターうさぎサイズだと思って読んでたらとんだ勘違いだった(笑)うさぎサイズもぜひあげてほしい(笑)すごく好みのシリーズだからもっと続いてほしい。

2020/12/06

感想・レビューをもっと見る