読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

旅先であった泣ける話 ~そこで向き合う本当の自分 (ファン文庫Tears)

旅先であった泣ける話 ~そこで向き合う本当の自分 (ファン文庫Tears)

旅先であった泣ける話 ~そこで向き合う本当の自分 (ファン文庫Tears)

作家
朝来みゆか
浅海ユウ
朝比奈歩
一色 美雨季
霜月りつ
杉背よい
鳴海澪
溝口智子
南潔
猫屋ちゃき
迎ラミン
矢凪
456
出版社
マイナビ出版
発売日
2020-08-13
ISBN
9784839974343
amazonで購入する Kindle版を購入する

旅先であった泣ける話 ~そこで向き合う本当の自分 (ファン文庫Tears) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

旅をすると、人は物語に出会う。小説のような出会いを期待するのは無理だけど、ささやかなエピソードなら事欠かない。収録された12編のうち、「遠くへ行きたい」が読後感もよくて、大変印象的。「ふるさとは遠い緑」は離島であるために故郷を失った切実さを感じる。「二人の起点」は家族との不和をテーマに、二人二様の思いを描く。「冬の旅」は近しい人々との葛藤がまさにドラマチックだ。短編小説だから、総じてメリハリのついた物語となるが、自分が行くなら、旅は気楽なのがいいし、風景・風物を楽しみたい。ドラマは本の中だけにしておこう。

2020/08/21

hotate_shiho

楽しい旅、悲しい旅、旅にはいろいろありますね。一人旅や、家族旅行・・・。そこでの出会いで、人生が変わったりすることもある。面白かったです。

2020/08/22

感想・レビューをもっと見る