読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

45歳、もう生んでもいいかしら?

45歳、もう生んでもいいかしら?

45歳、もう生んでもいいかしら?

作家
久美沙織
出版社
メディアファクトリー
発売日
2005-06-03
ISBN
9784840112642
amazonで購入する

45歳、もう生んでもいいかしら? / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

図書館本。45歳で出産をされた久美沙織さんの体験エッセイ。辛いことはなるべく軽快に笑い飛ばすよう書いてありますが、行間から悲壮感がにじみ出るところも。しかし、総じてエンタメで楽しい本でした(^^) 妊娠出産って、ホント人それぞれですね〜。自分の体験との差異を楽しみつつ読みました(*^ω^*)

2017/09/13

銀河

久美沙織さんの「丘の家のミッキー」と「鏡の中のれもん」は私の青春でした。という懐かしさから、手にとった本書。ちょっと高齢ではあるんだろうけど、仲良し夫婦の、ごく普通の妊娠、出産エッセイでした…。久美さんの語り口は大好きだし、とても楽しめたのですが、私自身、妊娠、出産の話に飽きちゃった(すみませんすみません)。自分がこれから!とか真っ最中の時は目についた出産、育児エッセイに飛び付いて読みまくっちゃったので。たまごクラブひよこクラブこっこクラブも毎月買ってたし。あのお金貯金しとけばよかったな。

2013/08/22

もーちゃん

マンガエッセイだと勝手に思って借りた。ちょっとぶっ飛んだ感じの人だな。それにしても、自営の人は産後も仕事で大変だな~。

2013/07/31

ほみょ

★★★☆☆昔読んでた!懐かしい名前の作家さんの妊娠・出産記録。45歳で自然妊娠とかなり稀有な存在の人が、本を書いてくれると希望が持てる。ダメが頑張れになる不思議、子供は神の仕業としか思えない仕事をやってのけるというような部分に共感。オタクっぽい所がかなり出ていた。

2011/12/20

アイリーン子

久しぶりに再読。前回読んだのは上の子妊娠中だったか産んだ直後だったか。以前は特に何も思わなかったけど、マタニティマークの下りとか今だとネットで炎上しそうな考え方だなー。まぁ十年前に書かれた本なので今とは妊娠に関する社会での認識が違う(まだまだ前時代的な面が感じられる)からしょうがないのかもだけど。出産に関する描写はつい先月私も経験したことなので非常にリアリティがあり大いに共感した。いきみ逃し辛かったなー。笑 しかし旦那さんがすごく協力的で羨ましい限りだ。波多野さんから見た出産育児エッセイも読んでみたいな。

2016/03/17

感想・レビューをもっと見る