読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

死者はバスに乗って (幽ブックス)

死者はバスに乗って (幽ブックス)

死者はバスに乗って (幽ブックス)

作家
三輪チサ
出版社
メディアファクトリー
発売日
2011-05-20
ISBN
9784840139120
amazonで購入する

死者はバスに乗って (幽ブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ホウフリンク

タイトルから言っても、ホラーかそれに近いミステリーなんだろう読みだしたら、やっぱホラーでした。でも、ちょっと、毛色が違うと言うか、ミステリーの要素も有ります。まあ、その部分に関しては、ちょっとしたくらいに思って読んだほうがいいでしょうが。後半では、泣かしに来てますね。まあ、泣きましたけど。登場人物のキャラは立っているのですが、疑問に思うところがいくつかって、それが惜しいですね。それほど怖くないし、読みやすいです。元々「捻じれた手」というタイトルを変更したみたいです。これも惜しいですね。

2020/08/20

カピバラ

幽ブックスなので、怖さを覚悟していたが、予想していたよりも怖くなかった。しかし、死者が帰ってくるという悍ましさがイヤーな感じでした。ミステリー要素が強かったかな?

2015/08/17

zanta

124/4/23/2015 これは怖い。だが、むやみに恐怖心をあおるのではなく、テーマとなっている社会的に多発している問題をうまく加工していると思う。表紙から想像する展開とは全くちがっていて、苦手ジャンルだったかと後悔したが、止めなくて良かった。

2015/04/23

ぱんな

話・設定は面白く読み進める。ただ登場人物が多すぎるのとキャラ1人1人が個性が強すぎる為、どこに焦点を合わせたら良いのか解りにくいのと多すぎる為、キャラの関係性が中途半端な説明で終わっているのがもったいない。そこら辺がもっとすっきりしたらもっと面白い話だったと思う。でももし続編が出るのであれば読んでみたいとは思う。特に霊感青年は気に入りました。

2011/10/05

スノーシェルター

幽霊を乗せた幼稚園バス...しまった!これはトイレに行けなくなる!ゾクッとする怖さと、笑える部分と、泣ける部分と、様々で面白かった。非現実的な話と現実味のある話がうまく絡んでいた。そことそこが繋がるのね!と、要するに全体的に面白かったのだけれど、虐待は嫌だな。伊達くんが何者だったのか気になる。

2012/10/23

感想・レビューをもっと見る