読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

スウィングガールズ【新装版】 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

スウィングガールズ【新装版】 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

スウィングガールズ【新装版】 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

作家
矢口史靖
出版社
メディアファクトリー
発売日
2011-12-06
ISBN
9784840143226
amazonで購入する

スウィングガールズ【新装版】 (MF文庫ダ・ヴィンチ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いずむ

ザ・青春!シナリオの緻密さも、音が聴こえてくるような描写の丁寧さもないけれど。読んでいて楽しい。アツくなる。“スウィング”する。誰かのためじゃなく、何かを勝ち取るためでもなく。ただ、楽しいから、夢中になれるから。だから、「ジャズやるべ?」ダメだぁ、こういう青春小説。高校生の頃を思い返すと湧き出してくる自分自身の後悔が、物語の主人公たちの一生懸命な姿に羨望と憧憬の眼差しでハマりこんじゃう。「音が出るだけで嬉しい、楽しい」。そんな楽しさ、いいなぁ。映画のノベライズ作品というコトなので、ぜひ映画版も見てみたい。

2012/02/07

まえすとろ

同名映画のノベライズ小説。監督自身が編集用のシノプシスに加筆して小説化した物なのでストーリーはほぼ映画作品のままの展開。スイングミュージカルの名作映画『ベニーグッドマン物語』や『グレンミラー物語』から有名なスチュエーションをオマージュとして本編にちりばめてあり、ミュージカル洋画ファンも思わずニヤっとさせるシーンや細かな心理描写は映像よりも文字の強みでありノベライズの真面目。数少ない和製ジャズミュージカル作品で、しかも女子高生とスウィングというミスマッチ感を非常に上手く扱った青春ストーリーは笑って読める。

2012/01/02

ま る

映画を作るのに併せて書いたというだけあって、すごく映像的で読みやすい。友子たちのドタバタが目に浮かぶようで微笑ましかった。私も学生時代に楽器がやりたかったなぁ。

2016/07/30

K2

すごくおもしろい。映画の脚本ということだが、まだ映画は見ていない。次々と変わる場面が思いうかぶし、高校生でないとありえないような事件が連続する。映画的なストーリーの展開も、作り話としても、現実にありそうな話に思えてくる。若いということはどんなことでも飛び越えてしまう勢いがあるんだと感じた。

2013/11/09

うさこ

ガチャガチャ!!ビッグバンドもコミュニケーションもガチャガチャ!!面白い。あっぱれ。映画(DVD)を何年前かに観たけど映像がよみがえりました。

2015/02/18

感想・レビューをもっと見る