読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アタゴオルは猫の森 18 (MFコミックス)

アタゴオルは猫の森 18 (MFコミックス)

アタゴオルは猫の森 18 (MFコミックス)

作家
ますむらひろし
出版社
メディアファクトリー
発売日
2012-02-23
ISBN
9784840144254
amazonで購入する Kindle版を購入する

アタゴオルは猫の森 18 (MFコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ビスケ

「猫の森」は中編が多くなってきたあたりから挫折したけど、完結と聞いて購入。たとえ物語が終わっても「アタゴオル」の世界はそのまま永遠に存在していて、ヒデヨシやテンプラたちは気ままに楽しく過ごしていると思う。というか、また新しいアタゴオルシリーズがはじまっても、驚きはしない。ますむら先生、お待ちしてます。

2012/03/18

まきんぼ

寂しい。最終巻だったそうで・・・またヒデヨシに会いたくなったらどうすればいいんだろう。作者の出身地に越してきたことが縁で出会えた作品・・・だい好きです。次回作に期待します。

2012/03/28

sezmar

これがアタゴオル。マンガ少年?(親の本棚)と出会って20年以上読み続けたシリーズも一区切り。今まで何回かあったことなので次も期待してしまうが……これで終もありといえばあり?こういうのは卑劣というか卑怯だが超人ロック伝説発動してもいいかも?

2012/02/24

oooz

最終話が良かった。理屈やこじつけが出てこないところが良かった。食べ物がおいしそうで、みんなが自由にやりたい事をやってて、世界が広くてさらに広がりそうなすてきな世界観があってとても良かった。

2012/02/29

ギマ

いつからか忘れたが、自動販売機と壁の間をのぞくようになった。狭い、壁の間にレンズを向け、シャッターを切るようになった。その向こうに憧れた。ヒデヨシが新たに何かやらかしても、それをもう見られないとしても、ネズミトランプの鳴き声をどこかに探し続ける。生涯傍に置いておこうと決めた物語だ。

2012/02/27

感想・レビューをもっと見る