読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

変態王子と笑わない猫。6 (MF文庫J)

変態王子と笑わない猫。6 (MF文庫J)

変態王子と笑わない猫。6 (MF文庫J)

作家
さがら総
カントク
出版社
メディアファクトリー
発売日
2013-03-22
ISBN
9784840146869
amazonで購入する

変態王子と笑わない猫。6 (MF文庫J) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スズ

今回は修学旅行編。小豆梓や副部長との観光途中に月子がこっそりと修学旅行に付いてきてしまう中、猫神の力で横寺と副部長の体が入れ替わってしまう。互いに異性の体に興味津々で、副部長がかなり横寺の体で色々試していたのが完全にアウト。月子と小豆梓の恋愛討論では、月子がボロ負けで、小豆梓の意見がかなり良く、彼女の恋愛観はとても素敵だと思った。あと、学年主任の横寺に対する評価が最底辺で、他の生徒からの評価も同様だったが、最後まで庇ってくれるポン太や彼の事をしっかりと分かっている小豆梓や副部長たちがいてくれるのが嬉しい。

2016/09/23

ほーりえ

修学旅行編。なかなか良かったです。暗黒魔王の閻魔帳の意味が分かる所、思わずほわってなりました。文章も5巻に続き、大分読みやすくて良い感じでした。 しかし副部長、化けましたね(いい意味で) 月子ちゃんも相変わらず可愛かったです。猫化して、猫パンチとか、こくこくしてる所を想像すると思わず和んでしまいますね。

2013/06/09

Yobata

過去へのタイムスリップも終わり修学旅行を迎える。学校内で変態王子の名を広めている陽人は、4人組グループを作る事が出来ない。メンバー決め終盤、小豆梓と共に残り組で一緒になったのはなんと陽人の天敵・副部長の舞牧麻衣だった。かなり自由度の高い修学旅行のなか、なんと学年が違う月子も追っかけて来て…。そして初日の夜、つくしから渡された猫の駒の力が陽人と麻衣の間に発生し、体が入れ替わってしまう。ある事情から互いを羨んでいた二人は入れ変わったまま修学旅行を楽しむ事に。しかし猫神の力なのでアクシデントが案の定発生し…。→

2013/03/21

giant★killing

再読。内容は小豆梓、副部長たちと同じ班で行動していた陽人の修学旅行に月子が乱入、共に参加することに。そんな中、他人と関係を築くことができる陽人をうらやましがる副部長と『思い出』を残すことができる副部長をうらやましがる陽人の二人の身体が猫神によって入れ替わってしまい…。P267「チャップリンが映画で言ってたよ。一人殺したら悪党だけど、百万人殺したら英雄だって。それと同じだよ」…自ら副部長Ver.の『変態王子』を演じることで月子の窮地を救う…そんな彼の姿は愚かでもありましたが…やっぱり格好良いんだよなぁ…。→

2016/08/11

524

☆10↑ 【隣の芝生は青い】建て前を失ってしまった少年と笑顔を失ってしまった少女のドタバタラブコメの6巻。久しぶりのシリーズ刊行だけど、勢いは全く衰えず。前回がちょっとシリアス多めで退屈したが、今回は適度にシリアス入れつつ全面的にコメディだったのがよかった。定番の入れ替わりネタも面白おかしく消化してくれました。月子ちゃんは軽くヤンデレ始めたのが怖いよー。【お気に入りキャラ:ほんわかさま】

2013/04/04

感想・レビューをもっと見る