読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

文豪たちの友情 (立東舎)

文豪たちの友情 (立東舎)

文豪たちの友情 (立東舎)

作家
石井千湖
鈴木次郎
ミキワカコ
出版社
立東舎
発売日
2018-04-13
ISBN
9784845632145
amazonで購入する Kindle版を購入する

「文豪たちの友情 (立東舎)」のおすすめレビュー

男色関係を疑われる、細君を奪い合う……一筋縄ではいかない文豪たちの友情

『文豪たちの友情』(石井千湖/立東舎)

 社会生活を営む以上、避けて通れないのが人間関係だ。みなさんも、子どもの頃から現在に至るまで、さまざまな人間関係を経験してきたことだろう。そのなかに、印象的な友人や、忘れられない友情エピソードはあるだろうか。

『文豪たちの友情』(石井千湖/立東舎)は、文豪が築いた人間関係や友情を追う一冊だ。友情といっても、たんなる仲良しこよしでは終わらない。執着、敬遠、尊敬、嫉妬……さまざまな感情がせめぎあい、ときに押し隠し、ときに噴出する。さすがは文豪、人間関係も一筋縄ではいかないのだ。

 本書は3つのテーマに分かれている。自他ともに認める親友関係、若くして亡くなった文豪の人間関係、そして愛憎入り交じる複雑な関係。テーマごとに章が設けられ、さまざまな文豪コンビが紹介されていく。

 第1章の自他ともに認める親友関係では、佐藤春夫と堀口大學、室生犀星と萩原朔太郎、川端康成と横光利一などが主役だ。

 与謝野夫妻に紹介され出会った佐藤と堀口は、出身も外見も正反対ながら、のちに「この二人の友情ほど純粋で美しいものは容易に見出し難い」と評さ…

2018/6/10

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「文豪たちの友情 (立東舎)」の関連記事

仲が良すぎて男色関係を疑われた作家って? 文豪同士の友情を追ったエッセイ集

『文豪たちの友情』(著:石井千湖、イラスト:鈴木次郎、ミキワカコ/リットーミュージック)

 日本の文豪同士の友情を追ったエッセイ集『文豪たちの友情』が、2018年4月13日(金)に発売された。

 文豪同士の友情にまつわる逸話を紹介しながら、彼らの人生と作品に迫る。最近注目を集めている日本の文豪については、学生時代に教科書で知ったという人も多いはず。しかし「教科書に載っている」「後世に名をのこしている」などの理由で、彼らを遠い存在のように考えていないだろうか? 同書で文豪たちの素顔を知れば、今までより身近に感じられるかもしれない。

 第1章で取り上げられているのは、自他ともに認める“ニコイチ”のコンビたち。第2章は若くして亡くなった文豪を取り巻く人間関係をテーマにした。作家と特に親しかった1人に焦点を絞りつつ、関係者たちの言葉を豊富にピックアップしている。第3章では絶交のあと和解するなど、一筋縄ではいかなかった作家同士の複雑な関係が浮き彫りに。

 文豪をテーマにしたマンガやゲームの元ネタもわかる一冊。全13組に渡る文豪たちの「友情の履歴書」を楽しんでみて…

2018/4/29

全文を読む

関連記事をもっと見る

文豪たちの友情 (立東舎) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

蓮子

後世に名を残した文豪達の複雑で愛憎織り込まれた人間関係を解説した「友情の履歴書」。読むと彼等が築き、育み、深めた友情に胸打たれます。派手に喧嘩しても関係が拗れて憎み合っても最後は許してしまう、そんな関係がとても美しい。現代はSNSで簡単に人と繋がれるけれど、それは淡い繋がりで本書のような濃密さはなくて。本当の友情、友達、親友の姿を彼等の交流に教えられるようです。切ないのは死去する友を見送る時。手向けられた弔辞はありっけの友愛を込めて言葉で飾られて。生きて、愛して、物語を書き綴った文豪達の姿に感動しました。

2018/05/27

優希

文豪たちの交友関係が興味深かったです。意外な友情など知らないこともあり、驚かされました。文豪たちの関係性は知れば知るほど楽しいですね。

2020/07/13

里愛乍

とっつきやすいイラストや相関図、思わず食いついてしまう目次の見出し、何より分かりやすく丁寧な文章で、興味は尽きない。彼らの生き様は当人の小説並みにドラマチックだったのだなと他の角度から見た他の人間関係性も知りたいと思えてしまう。巻末のガイドは紹介文も交えてあるので面白く、また読みたい本が増えました。筆者ご本人に纏わるあとがきもちょっぴり切ない。本当に届いているといいですね。

2018/11/20

りつこ

とても面白かった。文豪たちの感受性の鋭さ、身勝手さが素晴らしい作品を生み出し、ここに書かれているような強烈な友情を生み出したのだろうと思うと、なにもかもが愛しい。以前は読まず嫌いをしていた谷崎の作品を最近大好きになったこともあり、ここに出てきた文豪たちの作品をもっと読みたい!と強く思った。未熟でもエゴイストでも身勝手でも、自分の気持ちに正直に生き文学を追求した文豪たちはすばらしい。それを許した時代も素晴らしい。道徳的にどうだこうだと言われる今の時代の方がよっぽど不自由でつまらない。

2018/07/29

sachi

文豪の友情にまつわるエピソード集。昨今の文豪ブーム(?)でお堅いイメージは既にない先生方だけれど、またさらに好きになってしまいます。最強愛されキャラで困ったちゃんの太宰はここにも健在(笑)それにしても皆さん仲良しが過ぎる(笑)そして親友に先立たれた後がまた切ない。早世した文豪も多いなか、長生きした文豪は友人を失い、その遺族の面倒をみたり友人の名を残すために奔走したり…読み物としてもとても面白かったので第2弾も希望。

2018/09/03

感想・レビューをもっと見る