読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ボンバ! 手塚治虫ダーク・アンソロジー (立東舎)

ボンバ! 手塚治虫ダーク・アンソロジー (立東舎)

ボンバ! 手塚治虫ダーク・アンソロジー (立東舎)

作家
手塚治虫
出版社
立東舎
発売日
2019-08-24
ISBN
9784845634033
amazonで購入する

ボンバ! 手塚治虫ダーク・アンソロジー (立東舎) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ムーミン2号

奇しくも1970年に連載が開始された4作品が並べられているが、いずれも濃淡はあるにせよ、暗~い内容で気分は鬱々としてしまう。中でも「ガラス城の記録」は人工冬眠による社会性の崩壊した人間が描かれていて厳しい内容なのだけど、それがこれから大きく局面が動きそう、というところでStopしているのだからやり切れなさばかりが残る(連載中止は掲載誌の休刊による)。表題作も暗~い作品で、加えて主人公が信じ、恋していた女性による裏切りが、やり切れなさに拍車をかける。実は最後は救済が用意されているのだけど、それさえ霞む。

2019/10/13

感想・レビューをもっと見る