読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

押井守の映画50年50本 (立東舎)

押井守の映画50年50本 (立東舎)

押井守の映画50年50本 (立東舎)

作家
押井守
出版社
立東舎
発売日
2020-08-12
ISBN
9784845634446
amazonで購入する Kindle版を購入する

押井守の映画50年50本 (立東舎) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

1年に1本のみを選出し、1968年(押井守が高校2年生の年)から2017年まで、50本(1968年には2本が選ばれているので正確には51本)の映画が語られている。しかし、前書きで押井が念を押すように、これは「生涯ベスト50」という趣旨ではない。映画監督・押井守の血肉となった作品、例えばそれは傑作に限らず失敗作だからこそ学ぶべき点があるという観点から、あえて駄作を選んでいたりする(「クズを山ほど見ること以外に、映画の本質に近づく方法なんかないんだよ」)。(つづく)

2020/10/08

こうすけ

押井守の著作のなかでもそうとう面白かった。映画評論というより、名作・駄作を通して語る押井守の演出/作劇論。リドリースコットやデビッドリンチについては普段からよく語っているけど、スナッチやセブンが好きなのは意外だった。そしてポンジュノと一緒にアニメ映画を作ろうとしていたという衝撃の事実も明かされている。この前スカイクロラを見直したら凄く良かったので、早くアニメーションの新作が見たい。

2020/08/20

ひさか れい

2020年8月立東舎刊。押井さんが1968〜2017年の50年50本の映画を語った本。押井さんの視点が面白く、本編の話は無論のこと、話に登場する他作品、人物たちも興味深い。巻末の作品索引、人名索引が楽しくて良い。最近は、電子原稿ありきだから、こういった索引は必須でつけるべきだと思います。添えられた、イラストも楽しめます。

2020/11/06

pen

「映画を観たい」より「映画について考えたい」と思うことが時々ある。そういう時は大抵、以前観た作品について考えてみたり、公開予定の作品情報を追いかけたりするが、映画について語る本を読むことも、手段の一つとしてある。本書は押井守監督が製作年基準で1年に1本、現在語るに値する映画を50本選び、それを中心として様々なことを話していく本だ。決してこの監督のベストという訳ではなく、中には低い評価のものも挙げている。その構成は、映画の良し悪しに関わらず、その評価に傾いた理由を言語化することは重要だと教えてくれる。満足。

2020/08/14

Harunoosusumedokusixyo

1年1本という縛りで選ばれた50(+1)本の映画たち、自分はそのうち26本観ていたので、半分くらいですね。某映画レビューサービスに登録してる本数を確認したら1057本でしたが、意外とかぶらないもんですね。まあ監督はその何倍も作品を鑑賞しているはずですが。ベスト50ではないところがポイントで、名作だけを観ていたらきっとバカになりますよね 笑 365日ラーメンばかり食べているマニアのオススメラーメンが、はたしてラーメン初心者にマッチするかはわからないように。あと黒沢清監督のことって、これ以前に評価してたっけ?

2020/08/20

感想・レビューをもっと見る