読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ザ・カセットテープ・ミュージックの本 〜つい誰かにしゃべりたくなる80年代名曲のコードとかメロディの話〜

ザ・カセットテープ・ミュージックの本 〜つい誰かにしゃべりたくなる80年代名曲のコードとかメロディの話〜

ザ・カセットテープ・ミュージックの本 〜つい誰かにしゃべりたくなる80年代名曲のコードとかメロディの話〜

作家
マキタスポーツ
スージー鈴木
出版社
リットーミュージック
発売日
2020-10-10
ISBN
9784845635467
amazonで購入する

ザ・カセットテープ・ミュージックの本 〜つい誰かにしゃべりたくなる80年代名曲のコードとかメロディの話〜 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

もーりー

BS12で放送されている内容の書籍版。 毎週この番組(録画したもの)を見ていて、目からうろこの連続だった。何がと言うと、コードの仕組みである。ただ、話題がめまぐるしく変わるので、じっくり教えてほしいと思っていた。本になったということを知り、即購入。 最初に登場するのが「メジャーセブンス」。この本を読むと、メジャースケールの構造とセブンスの意味が一目瞭然で、ものすごく分かりやすい。ほぼ独学でコードを覚えていった者としては、非常に役に立つ情報が満載だ。

2021/01/08

Kiyoshi Nakatani

★☆☆ BS12で放送されている番組内容の集約本。 キーボードを齧った程度の楽器経験というのもありますが、コードの音構成の説明は鍵盤の方が分かりやすいのかもしれません。

2020/12/24

sakwai

マキタスポーツとスージー鈴木。この二人がめぐり逢って80年代の歌謡曲についてマニアックに語り合う番組を持つということが、いかに奇跡的な快挙であったかしみじみ痛感させられる。いやここまで語り尽くせる同好の士に出逢うというのは、なかなかないことだと思うのよ。コード譜やタブ譜はもちろん無意味なグラビア風写真からカセガたちの座談会も含めて、著者ふたりにとって会心の一冊ではないかと勝手ながら想像する。さすがリットーミュージック。カシオSA-46でいちいちコードを確かめながら読んでるが、これも理想的な読まれ方では?w

2020/11/01

感想・レビューをもっと見る