読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔術師 (立東舎 乙女の本棚)

魔術師 (立東舎 乙女の本棚)

魔術師 (立東舎 乙女の本棚)

作家
谷崎潤一郎
しきみ
出版社
立東舎
発売日
2020-12-10
ISBN
9784845635634
amazonで購入する Kindle版を購入する

魔術師 (立東舎 乙女の本棚) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美紀ちゃん

年中お祭りのように騒がしい公園、夢の中のやうな重苦しい感じ。 大きな赤鬼の頭のような入り口の魔術師の劇場。 その中では、王のような魔術師がいて(イケメンだという)魔術師の暗示で観客全体に錯覚がおき、時間短縮の妖術をかけられる。 魔術師は人の姿を変える術が使える。 観客の女性がクジャクに変えられてしまう。 主人公の彼も彼女と一緒に半羊神にされてしまう。 怖いが美しい文章と美しいイラストに引き込まれた。 日本の名作に今時のイラストがついた「乙女の本棚シリーズ」他の作品も読んでみたい。

2021/03/23

寂しがり屋の狼さん

【乙女の本棚】シリーズ17冊目📚️前に読んだ『秘密』と同じ「谷崎潤一郎」さんの作品。押し絵は同シリーズではお馴染みの「しきみ」さん(*^.^*)『私の魂は磁石に吸われる鉄片のように、魔術師の方へ引き寄せられているのでした』…初夏の夕べ、恋人と公園へ行った私は、そこに小屋を出している若く美しい魔術師に出会った🔯

2021/01/31

しゅてふぁん

何度読んでも不思議な世界観で入り込むまでに時間がかかる、でも一度吞み込まれてしまったら一気に魅せられてしまう『魔術師』。私の中での魔術師はもっと妖艶なイメージだったかな。この作品のイラストは可愛らしい感じだった。「私」の「恋人」がとても雰囲気があって素敵だった。イラストも色使いも原作との関係性も含めて、10冊以上読んだこのシリーズの中で一番好きな作品かもしれない。

2021/07/17

ぐうぐう

乱歩は谷崎になりたかったのだ、と評論家の誰かがどこかで述べていたのを思い出す。『魔術師』はまるで乱歩が書いたかのような小説だ。もちろん、そうではなく、『魔術師』が1917年に「新小説」に発表された頃、乱歩はまだ会社員であり、『二銭銅貨』でデビューするのはその6年後のことである。こんな倒錯めいた印象を抱いてしまうのも、それだけ乱歩が谷崎の影響を受けている証だ。「魔術師よ、私は半羊神になって、魔術師の玉座の前に躍り狂っていたいのだ。どうぞ私の望みをかなえて、お前の奴隷に使ってくれ。」(つづく)

2021/02/05

那由多

フェチを抑えた(隠しきれてはいない)谷崎の、妖しい大人の童話。魔術師の美貌で、恋心の不変を証明しようとした一組の恋人。角を絡みつかせる女心の執念が怖い。

2021/04/26

感想・レビューをもっと見る