読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魚服記 (立東舎 乙女の本棚)

魚服記 (立東舎 乙女の本棚)

魚服記 (立東舎 乙女の本棚)

作家
太宰治
ねこ助
出版社
立東舎
発売日
2021-04-16
ISBN
9784845636150
amazonで購入する Kindle版を購入する

魚服記 (立東舎 乙女の本棚) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

乙女の本棚・第20弾。太宰治24歳の時の作品。ねこ助のイラストがお話にマッチしている。東北のある山の麓の滝壺に過失から落ちて死んだ学生を目撃した少女から始まる物語。兄弟の弟八郎が大蛇になってしまうお伽噺から、15歳の少女も滝に飛び込み鮒になる。それから滝壺に向かうのは死んだ学生が大蛇になったか確かめに行くためか。13歳から15歳へ、少女からおんなになる感性鋭い時期に父親は無為に生きているとしか思えなくなる。「おめえ、なにしに生きでるば」と問う娘の言葉は容赦ない。この2年後太宰は芥川賞の選考会で次席になる。

2021/05/22

モリー

しばらくは、滝壺には近づかないようにしよう。覗き込んだら引っ張られそうな…。(感想になってませんね。m(_ _)m)

2021/11/13

寂しがり屋の狼さん

【乙女の本棚】シリーズ19冊目📚太宰治は『魔笛』『女生徒』に続き同シリーズ3作目、押絵は『山月記』に大好きな『赤とんぼ』を手掛けた「ねこ助」さん。本州北端の山中の炭小屋で暮らす父娘のお話し…少し重たく切ない物語ですが、少女から女性へと変わっていくスワの心境を「ねこ助」さんの挿絵が見事に表現しています(◕ᴗ◕✿)

2021/08/28

里愛乍

『晩年』の中で読んだ頃はさらりと通り過ぎるだけだった。『文豪たちが書いた怪談』で読んだ時は、そういう読み方をしたからだろうか、あるいは歳か、妙に心に残る。やたら淋しげな背景か、父親の空虚感か、スワの気丈か。このいいようのない感覚を美麗なイラストによって表現されていて嬉しくなった。何度でも読み返したくなる。

2022/08/24

優希

怪談のような空気をまとう作品でした。ざらりとしたものが心に残る感じです。美麗なイラストが余計世界を深くさせます。

2022/08/28

感想・レビューをもっと見る