読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

詩集『山羊の歌』より (立東舎 乙女の本棚)

詩集『山羊の歌』より (立東舎 乙女の本棚)

詩集『山羊の歌』より (立東舎 乙女の本棚)

作家
中原中也
まくらくらま
出版社
立東舎
発売日
2022-07-15
ISBN
9784845637638
amazonで購入する Kindle版を購入する

詩集『山羊の歌』より (立東舎 乙女の本棚) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kinkin

若い頃読んだ記憶があるのだが今読んでみると詩がわからない脳になってしまっている。詩だから感じればいいのだけれど、その感じることも鈍くなってきたようだ。年を重ねるのと詩や絵を感じることが薄れるのはふつうのコトなのだろうか?挿絵がいいなあ。図書館本

2022/09/12

(*'ω' *)@k_s

県立図書~「乙女の本棚」~中原中也×まくらくらま~~感傷的に、そして感情的に、世の中に対する無常、失望、厭世が伝わってくる詩集。この『山羊の歌』に含まれる「よごれちまった悲しみに…」というフレーズから始まる詩は、誰もがどこかで耳にした事の詩だと思う。どこかノスタルジックな中原中也の詩と、まくらくらまさんのアンティーク調なイラストの組み合わせがいい塩梅👌✨

2022/09/17

凛風(積ん読消化中)

ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん、で有名な『サーカス』とか『汚れっちまった悲しみに』とか、有名どころが並びます。思えば、詩には不思議な力があって、小説はどんなに気に入っても10年以上内容を覚えていられるものは、ほんの少しなのに、詩は一言一句覚えてしまっている。まぁ、歌の歌詞を忘れないのと同じかな。リズムのある言葉は忘れられない。特に中也の詩は覚えているものが多い、と気付きました。ただイラストの色調が茶、黒系で好みではなかった。もっと透明で尖った色のイメージなんだけどなぁ。濃い藍色みたいな。

2022/08/17

芙蓉

中原中也の詩は初読。イラストとともに読む。うまく理解できないのでまた時間をおいて読んでみたいと思った。イラストは好み。ゆあーんゆよーんゆわゆよーんなどは好き。

2022/08/15

honeyeggtart

ダークな雰囲気のアンティークヨーロピアンのイラストが、中也の目指した世界観なのかもしれないと思いました。

2022/09/13

感想・レビューをもっと見る