読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

魔法はつづく (LEED Cafe comics)

魔法はつづく (LEED Cafe comics)

魔法はつづく (LEED Cafe comics)

作家
オガツカヅオ
出版社
リイド社
発売日
2018-07-18
ISBN
9784845851959
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

ホラーマンガ界最大の切り札・オガツカヅオが紡ぐ珠玉の怪異幻想譚。
狂ってしまったのは貴方? それとも……。

魔法はつづく (LEED Cafe comics) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くさてる

Twitterで試し読みした「よふさぎさま」にびっくりして単行本を購入しました。どの作品も不思議で、足元をすくわれる感じで、いい意味で裏切ってくれてよかった。そしてホラーという意味では、やっぱり「よふさぎさま」が最高でした。ほんとうに怖い。

2018/08/11

£‥±±

その実力程には作品の単行本化に恵まれていないオガツ氏の初短編集。どれも実に読み応え有り。笑顔の下に悲しみや憎悪を隠して暮らしている人の描写が上手く、暴走した時は悲劇、上手く収束した時は良いお話となる絶妙のストーリーテリング。絵も可愛いと言って良く、血は一滴も出ないが「よふさぎさま」はホラーの大傑作。死霊のお話以外では意外に病気怪我物が多い。大いにお薦め。

2018/07/16

ささやか@ケチャップマン

一読に値する短編漫画集。しかし作者も出版社もマイナーであるため気になるなら早めの入手を推奨する。どの話にも心霊要素や不思議要素がありホラー漫画の流れをくんでいるのだがそれだけにとどまらないヒューマンドラマとしての温かみや凄みが存在する。Web上で「よふさぎさま」と「こくりまくり」を読むことができるので是非読んでみてほしい。どれも良いがその中でも、運命が変わる予兆を告げる「よふさぎさま」という虚構の怪異に遭遇する体験がまぎれもない現実問題に収斂する「よふさぎさま」は間違いなく秀逸な一作。

2018/07/16

海棠

雑誌「Nemuki+」で好きになった漫画家さんの短編集。 直接おぞましい描写は無いしむしろ可愛らしい絵柄だが、オチで背筋が凍るような話もある。 「はじめましてロビンソン」と「千年蟻と一日おかあさん」がお気に入り。

2018/11/03

ドント

あなたはこの魔法にかかる。今年いちばん面白い本のひとつがついに出た。強大なる才能・オガツカヅオが描いた粒揃いの作品たちを詰め込んだ短編集。本書では「ホラー」的なモノが直接に恐怖や怪異として現れることはない。顔面が爆発!とか怖い顔ドォン!とかそういうのもない。でも怖い何かは確実に、ひたひたと、じんわりと忍び寄ってくる。そして同時にその怖い何かを扱う作者の手は、驚くほど巧みでありつつ愛に満ち、血が通っている。これはなんだ。これが魔法だ。ホラー漫画の枠を広げる異才の、まさに珠玉の逸品。あらゆる人に読んでほしい。

2018/07/19

感想・レビューをもっと見る