読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち(Next Creator Book)

文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち(Next Creator Book)

文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち(Next Creator Book)

作家
藤井光
沼野充義
阿部公彦
管啓次郎
谷崎由依
笠間直穂子
西崎憲
渋谷哲也
阿部賢一
宮下遼
斎藤真理子
温又柔
小林エリカ
戌井昭人
出版社
フィルムアート社
発売日
2017-03-24
ISBN
9784845916184
amazonで購入する

「文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち(Next Creator Book)」のおすすめレビュー

「作品を生かすか殺すかは、翻訳の出来が左右する」 藤井光編『Next creator book 文芸翻訳入門―言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち』

『Next creator book 文芸翻訳入門―言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち』(藤井光:編/フィルムアート社) 昔から英語や外国語はからっきしだが、私は海外文学が好きだ。海外文学には、よく巻末に訳者あとがきが収録されている。学生時代、私が特に気に入っている作家の翻訳書で、次のような一文を見つけ、衝撃を受けた。

「(翻訳者自身の)英語の読解力は、きわめて貧しい」と。さらに日本語訳の仕事を引き受けた理由は、自分の文体を新しくするのに有効だと考えたから、とあった。

え、そういうノリでいいの? でもその翻訳者の文は、どうも好きになれない……。そのとき初めて、私は翻訳者というポジションの重大さを知った。元が同一の作品でも、翻訳者によって文体や全体のトーン、ときには原文の解釈の仕方が違うということも。

そんな翻訳書の魅力や、難しさ・楽しさについて語っているのが、『Next creator book 文芸翻訳入門―言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち』(藤井光:編/フィルムアート社)。本書は、基本的に翻訳者を目指す人向けに書かれている。…

2017/7/13

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち(Next Creator Book) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HARUHITO_KUNO

英語ドイツ語韓国語あと何語か忘れたけど、色んな言語の小説の翻訳、映画の翻訳などに携わる人たちが、外国語と日本語の間で、物凄い自虐と葛藤と感動をまとめた内容。 SNSで見つけた外国語学習仲間?が紹介していて、買って、今回日本から持って来て読んでみた。 普段、中国語と日本語に挟まれて、端折ったり、端折られたり翻訳通訳で悶えているので、面白く読めた。 これまで翻訳本は全然読んでなかったけど、今後は増やしていこう。

2018/02/10

タイコウチ

現役の海外文学の翻訳家の方々が語るポスト柴田・村上時代の翻訳の実践と考え方(著者によっても違う)。面白かったのは、翻訳がその言語(英→日であれば、日本語)を変えていく可能性で、翻訳文学を読んで育った日本人作家の文体ですでにそれが見られる。笠間直穂子さんによる、ヨーロッパ系の言語を日本語に訳すとき原文の単語の順番をなるべく崩さない理由になるほどと思う。単語が次の単語を呼びよせることによって作られる言葉の思考の流れがあるということ。「その作者が直接書いたように思わせる文章を書くことを心がければいい」(西崎憲)

2017/11/12

法水

藤井光さんを編者に、沼野充義さん、西崎憲さん、温又柔さん、戌井昭人さんらが執筆。帯には「翻訳を始めたばかりの人、海外文学をもっと楽しみたい人」に最適な入門書とあるけど、むしろこれまで海外文学を敬遠してきた人にこそ読んでもらいたい。中では、翻訳家が質問に答えるコーナーで、オルハン・パムク作品の翻訳で知られるトルコ文学者の宮下遼さんの答えが文学的かつ若干ピントが外れていて面白かった(阿部公房という誤植はあったが…)。

2017/04/05

御餅田 もちこ

「作者が脳裏に描いていた絵と違う絵を読者に描かせてそれで翻訳と言えるだろうか。」 ただ言葉を置きかえるだけではない。その本の持つ雰囲気、息遣い、リズム。それらを最大限伝えようと葛藤する翻訳家の姿がうかがえる。ありがたいなぁ。藤井光さん、笠間さん、成井さんの章が特に好き。こういう日本語の使い方があったんだ、と日本語の再発見ができるのも翻訳の見どころの一つだと感じた。

2018/06/10

timeturner

いろいろな言語、いろいろなジャンルの翻訳者さんたちのアドバイスは、基本のところは一緒でもひとりずつ微妙に違っていて、どれもすごく参考になる。藤井光さんの翻訳模擬授業の最後、グーグル君やエキサイト君などネット学生達(?)の訳例に大笑いした。やっぱ使えないよねえ。

2017/09/12

感想・レビューをもっと見る