読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常

天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常

天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常

作家
メイソン・カリー
金原瑞人
石田文子
出版社
フィルムアート社
発売日
2019-09-26
ISBN
9784845916375
amazonで購入する Kindle版を購入する

天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hundredpink

天才たちは飄々と作品を生み出しているわけではない。苦悩と人生を芸術に捧げた結果生み出された物なのだ。

2020/04/02

くさてる

クリエイティブな人々の日々の暮らしぶりを紹介する本を書いた著者。前回の本で紹介されているクリエイターのうち、女性の割合が17%しかなかったことを反省し、女性クリエイターに絞ってその日常のあれこれを取り上げたのがこの本。名前を知っている人も知らない人もいましたが、どの人の仕事も見てみたくなりました。女性は男性のようにいかないよね、と言いたくなりますが、著者は女性アーティストを〝アーティスト〟から分けて考えることの危険性も承知のうえでこの本を書いているので、そう単純な話でないことも分かります。面白かった。

2020/01/04

ズー

この本を出す前似たような本を出していて、その後作者が「この本は失敗だ!登場人物161人のうち、女性が27人しかいなかったのだ!」と気づき、今回の本を出してくれた。女性の天才は、男性よりも弊害が多く、活躍するのは困難で、家事 育児の空いた時間に制作の時間を作る人や、結婚は仕事を妨げる!と独身を貫く人もいたり。大体の人が午前中早起きしてその時間を制作にあてていた。とにかく頭を空っぽにし、孤独になる方が捗る!という人が多く、その方々の考え方が結構自分と似ていて、私も天才肌?と思ったり思わなかったり。

2019/12/05

timeturner

3分の2は知らない名前で、わが身の無知を思い知った。形は違えど、みんな自らの才能に食い荒らされているように見える。「女性ならではの問題」に注目したためか似たような内容が続く印象があるな。個性や業績は違っても家庭をもつ20世紀の女性が置かれた環境ってほぼ同じだから。

2020/02/06

はづき

自分と比べるのはおこがましいですが、うまくいかないことも含めて全体としては精一杯の力を発揮できるよう精進しようという気になりました。

2020/01/01

感想・レビューをもっと見る