読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

現代写真アート原論 「コンテンポラリーアートとしての写真」の進化形へ (Next Creator Book)

現代写真アート原論 「コンテンポラリーアートとしての写真」の進化形へ (Next Creator Book)

現代写真アート原論 「コンテンポラリーアートとしての写真」の進化形へ (Next Creator Book)

作家
後藤繁雄
港千尋
深川雅文
出版社
フィルムアート社
発売日
2019-03-26
ISBN
9784845918157
amazonで購入する

現代写真アート原論 「コンテンポラリーアートとしての写真」の進化形へ (Next Creator Book) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

TOMYTOMY

読まなければというものがどんどん増える一冊。 そうゆう意味で分かるところで抑えつつの啓蒙 ルフ・ティルマンズはなるほどという解釈。

2019/05/31

吉田幸浩

コンテンポラリーアートにとって欠かせないメディウムとなっている写真の’現代’についての対談形式の本。対談者は後藤繁雄、港千尋、深川雅文。いずれの章でも後藤氏の発言が紙面を占め、港氏の思考を知るスペースが少ない... コンテンポラリーアートへの思考には現代哲学への知識も必要と感じさせられる。 読了後、またしても必読書(’必須ブックリスト’)から積読本が増え、GWの外出予算は消える...

2019/04/20

感想・レビューをもっと見る