読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

検屍官の領分 (論創海外ミステリ)

検屍官の領分 (論創海外ミステリ)

検屍官の領分 (論創海外ミステリ)

作家
マージェリー アリンガム
MargeryAllingham
佐々木 愛
出版社
論創社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784846005214
amazonで購入する

検屍官の領分 (論創海外ミステリ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

J・P・フリーマン

キャンピオン氏ものの作品。キャンピオン氏の家に死体が運ばれてくるという奇天烈な出だしから始まる。当然キャンピオン氏はこの厄介ごとを警察に任せるのだが、警察からは戦時下での美術品の窃盗事件を聞かされ……。

2015/11/07

senyora

次から次へと現れる登場人物。もってまわった言い回し。読み終えるのに少々疲れました。戦時下に美術品などの貴重品を疎開させた話はよく聞きます。それにしても英国の上流階級社会は色々と面倒そう。

2019/09/18

shiaruvy

【2005.01.20 初版】

2017/08/15

感想・レビューをもっと見る