読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

殺人者の街角 (論創海外ミステリ)

殺人者の街角 (論創海外ミステリ)

殺人者の街角 (論創海外ミステリ)

作家
マージェリー アリンガム
MargeryAllingham
佐々木 愛
出版社
論創社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784846005290
amazonで購入する

殺人者の街角 (論創海外ミステリ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

紅はこべ

キャンピオンももう五十代。探偵というより事件の立会人という感じ。金銭のために冷酷に犯罪を重ねる男と、彼に母親代わりの愛情を注ぐ老婦人。犯罪者と彼を愛する者の心理描写が本作の眼目か。犯罪者が拒み続けた愛情が、土壇場で彼を滅ぼすことになるのです。

2009/01/24

syachi

面白かったなー。視点が変わりつつもある流れにはそっていて、最後には追い詰められた殺人鬼のガタガタな心情が。ただちょっとシンプルにまとめられていてアクの強さとかはあんまりなかったかな。

2015/04/04

J・P・フリーマン

目的は金。手段は殺人。過去に何度も殺人を犯してきた犯人が今度ばかりは運に見放され、警察に追い詰められていく。とうとうどうしようもなくなって犯人が最後にとった行動が、人間の情にあふれていてよかった。

2015/10/19

植岡藍

とても面白かった。登場人物のいろんな視点から物語が進行していく様は現代的で、まるで映画のよう。出てくる人がそれぞれいいし、サスペンスあり人情ありロマンスあり警察小説風味な所もあって楽しい。「名探偵の引退後」を描いているのも挑戦的。

2015/02/26

どんぶり

「霧の中の虎」とキャラクター設定が似ているけど、犯罪者の思考が面白くて、渦中の被害者側の視点と両方に感情移入しながら楽しく読んだ。キャンピオンは完全に脇役。この時点でもう50代になってるんですね。

2015/08/31

感想・レビューをもっと見る