読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ふたりの村上

ふたりの村上

ふたりの村上

作家
吉本隆明
小川哲生
出版社
論創社
発売日
2019-07-06
ISBN
9784846018283
amazonで購入する

ふたりの村上 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

これらの新しい作家たち、村上龍・村上春樹は文明生活の限界を像・イメージの集約力だけで示そうとしていると見た。村上龍は現実的な人間の快楽行為の本質を提示する以外にどんな意味も与えようとしないことが創作のモチーフと断ずる。村上春樹は喩の作り方がうまく、作者の文体が長い年月の果てに生み出したひとつの達成というべきと論ずる。村上龍「料理小説集」Subject5は瞬間を表した不朽の名作。村上春樹「蛍」に現れる多彩な像が文学作品を芸術にしている本質と指摘。吉本隆明がこれら20もの論によって彼らが「現在」を象徴する⇒

2019/09/26

aloha0307

「思想界の巨人」と呼ばれ、詩人でもある吉本氏が80年代前半当時、新進気鋭であった”二人の村上”(即ち 龍さん、春樹さん)を、性器愛の不可能と情愛の濃密さの矛盾として、愛の不可能の物語を描いた初めての作品とし、純度をかつてないレヴェルまで高めた、とした。”ノルウェイの森”での直子の言葉の反射、動作に少しのテンポの緩さで心の病を表現したとされます。龍さんは、”瞬間”の連続で成り立たせるドラマを言語行為として表現...こころの病と健常の狭間で揺れ動いているのだね。

2019/12/29

islet ☮

吉本サンは漱石の批評も面白かった。このW村上も読める。ねじまき鳥迄で終わりなのが無念。よく文体が硬いとか難解だと言われるが個人的には、むしろ笑える、スッキリ読めると感じる。批評の着眼点、感じ方が近いからかも…って知の巨人を捕まえて、どの口が言うてんねんと盛大な突っ込みは百も承知での、あくまでも主観(独りよがり)。吉本サンも春樹作品を評価し好感を寄せていたのが窺える一文を。「批評するものの全能力をかけてというのでもなく、いい加減でもなくという匙加減が、村上春樹の世界を評価するばあいの難しさだ」

2020/01/27

tokko

村上春樹と吉本隆明の名前につられて買ってしまったけれど、ちょっと読むのはまだ早かったかなぁという印象を持ちました。その一つが村上龍の作品を全く読んだことがなかったことです。もちろん各章ごとにそれぞれの作品について論じているから、作品を読んだことがなくても素通りできてしまいます。けれど吉本さんが言おうとしていることを正しく読もうと思ったら村上龍さんの作品についての批評も、どういうことか理解した方がいいような気がします。というわけで次は村上龍さんの作品を読み漁ろうと思います。で、もう一度この本に戻ってきます。

2019/12/14

islet ☮

ノル森の性器愛論は痺れた今さらだけど。吉本サンの評論は哲学や精神分析の概念が浸透してて引き込まれる。難解な批判もするが文学への敬意があり、本書から改めて受けとったモノは数多く、なんか満ちた。文学作品をより優れた芸術作品にしつらえ言葉による概念の純粋本質を読み取る慧眼と成熟した知性、凡人には無い思想界の巨人ならではの特殊器官にて論じられる筆には概ね全て膝を打つ明快さに没入。発刊は半年前だがリアルタイムで読みたかったな。この1冊あれば本書にて論じられた春樹本はもう手放してもいい。

2019/12/31

感想・レビューをもっと見る