読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

帽子蒐集狂事件 (論創海外ミステリ)

帽子蒐集狂事件 (論創海外ミステリ)

帽子蒐集狂事件 (論創海外ミステリ)

作家
ジョン・ディクスン・カー
ジェームズ・バーナード・ハリス
高木彬光
出版社
論創社
発売日
2020-10-10
ISBN
9784846020002
amazonで購入する

帽子蒐集狂事件 (論創海外ミステリ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

SIGERU

表題作は、子どもの頃、新潮文庫(宇野利泰訳)で読んで印象的だった作品。高木彬光訳が論創から出たので、再読してみた。翻訳としての精度は不明だが、文体はこなれている。カーにしてはオカルト趣味が抑制されているが、それでも、霧のロンドン塔でトップハットをかぶった死体が発見される奇抜設定が嬉しいところ。 作家による翻訳といえば、昔は、詩人が糊口を凌ぐためにミステリ翻訳を生業にしていた時期があった。ハヤカワには田村隆一が、創元には鮎川信夫がいて、クリスティ作品で翻訳を競い合っていたのも懐かしい。

2021/08/15

engidaruma2006

昭和25年に発行された雑誌『別冊宝石』に掲載された作品。ちなみに現在の『小説宝石』とは無関係です。その別冊は1冊にカーの長編を3作ブチ込むという荒技で、全てが抄訳だったらしい。一応この作品は他の2作よりはページ数が多かったみたいだが、それでも原作から重要なシーンが削られているとの事。更に訳者の高木彬光氏は翻訳家では無いので、変にギクシャクした表現も多く、結局の所、内容を楽しむのなら創元推理文庫版を読む方が間違い無いみたい。日本を代表する本格推理作家高木氏がカーの作品を訳した、その点のみが貴重な一冊です。

2020/11/19

とし

ストーリーやトリック等自体は面白かったのだが、抄訳であるためかプロの翻訳ではないためか、若干表現に違和感があるのと登場人物の描写が蔑ろになっているようで油断すると誰が誰だかわかなくなりそうになる。 正直雑誌の一節ならともかく、ハードカバー本にして出すほどのものなのか疑問。

2021/03/16

totoro1949

訳が良くない

2021/11/12

感想・レビューをもっと見る